おすすめ記事

同じカテゴリー

氏名の列を姓と名の列に分割



Excel2013で氏名セルを姓と名の別々のセルに分ける操作をしていたら、Excel2013のポップヒントに思わずほっこりしました。

下のような表があります。F列の氏名を隣のG列に姓を、H列に名を表示する操作です。
表
F列の氏名が入力されたセルを選択します。
[データ]タブの[データツール]グループにある[区切り位置]をポイントします。
ポップヒントには、下のように記されています。

区切り位置
1つの列に入っているテキストを複数の列に分割します。
たとえば、氏名の列を姓と名の列に分割します
固定の長さで区切ることも、カンマやピリオドなどの記号で区切ることもできます。


まさにこれから操作したいことがそのまま表示されていました。
氏名を姓と名に分けて表示しようと操作を模索している人がこのポップヒントに気がついてくれればいいのですが、なかなかそうはいかないかもしれないですね。
でも、Office2013になってポップヒントは非常に充実したと思っています。
※Excel2007、Excel2010のポップヒントにも ”たとえば、氏名の列を姓と名の列に分割できます。”と記されています。
多くの方がポップヒントに目を留めてくださることを願います。
区切り位置
[区切り位置指定ウィザード1/3]では、[カンマやタブなどの区切り文字によってフィールドごとに区切られたデータ]を選択します。
[次へ]ボタンをクリックします。
区切り位置指定ウィザード1/3

スポンサーリンク

[区切り位置指定ウィザード2/3]が表示されます。
[区切り文字]で[スペース]を選択します。[データのプレビュー]で確認して問題がなければ
[次へ]ボタンをクリックします。
区切り位置指定ウィザード2/3
[区切り位置指定ウィザード3/3]が表示されます。
[表示先]を指定します。直接入力しても構いませんし、ダイアログボックス拡大縮小ボタンをクリックして、セルをクリックしてもいいです。
区切り位置指定ウィザード3/3
表示先のセルが指定できたら、[完了]ボタンをクリックします。
区切り位置指定ウィザード1/3 表示先指定
下のように姓と名を分けて表示することができます。
完成表
区切り位置ウィザードはとても便利な機能です。
1つのセルの内容を複数のセルに分割
数字を日付に変換

関数を使って、姓と名を分割して表示することもできます。
関数を使って氏名を分割

Accessでの操作方法は、氏名を姓と名のフィールドに分けるで解説しています。

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする