1. 初心者のためのOffice講座
  2. Windows7とOffice2010
  3. Word2010_menu
  4. 文字カウントの文字数と単語数

文字カウントの文字数と単語数

スポンサーリンク

Word2007から、ステータスバーに「文字数」が表示されるようになりました。

ステータスバーで右クリックして「ステータスバーのユーザー設定」から「文字カウント」の
チェックボックスをオン/オフにすることで、表示/非表示を切り替えることができます。
また、「校閲」タブの「文章校正」グループにある「文字カウント」をクリックして、
「文字カウント」ウィンドウを表示させることができます。

「文字カウント」のポップヒントには、「単語数は、ウィンドウ下部のステータスバーにも表示されます」とありますが、
ステータスバーには「文字数」となっていますね。(?_?)
校閲タブ 文字カウント

文字カウントウィンドウには、
「ページ数」「単語数」「文字数(スペースを含めない)」「文字数(スペースを含める)」
「段落数」「行数」「半角英数の単語数」「全角文字+半角カタカナの数」が表示されます。

※ステータスバーの「文字数」の箇所をクリックしても、「文字カウント」ウィンドウを表示させることができます。
ステータスバーに表示されるのは、「文字数」ではなく「単語数」のようですね。
ポップヒントではなく、ステータスバーの表記が間違っているようです。
文字カウント

日本語の部分だけを選択して、「文字カウント」を表示させると、「単語数」と「文字数」が同じです。
ステータスバー

今度は、英語の箇所を選択して「文字カウント」を表示させると、「単語数」と「文字数」は違っていて、
ちゃんと単語は単語としてカウントされているようです。
英語の文字カウント

半角の英語を全角にしてカウントすると、単語数と文字数は同じ数になってしまいました。
全角文字は単語としてカウントされないようですね。
文字カウント


Tweet



Word2010 menuページへ
Copyright(c)2001-2014 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.
このページのトップへ戻る