おすすめ記事

同じカテゴリー

色付きセルの合計



Excelの表でセルに色を付ける方は多いと思います。この色付きのセルのみを合計したいという場合、Excel2007以降のバージョンであれば簡単に集計することができます。ここでは、Excel2010で解説します。
下のような表があります。
表

まず、この表をテーブルに変換します。
表内のセルを1つ選択して、[挿入]タブの[テーブル]グループにある[テーブル]をクリックします。
テーブル

[テーブルの作成]ダイアログボックスが表示されます。
データ範囲を確認して、[先頭行をテーブルの見出しとして使用する]のチェックはオンにするか、オフにするか決定して[OK]ボタンをクリックします。
テーブルの作成

スポンサーリンク

下のようにテーブルになり、自動的にフィルターボタンが付きます。
テーブル完成

既定のテーブルのスタイルは、[テーブルスタイル(中間)2]です。元々のセルの色が分かりづらくなるので、[テーブルのスタイル]は[なし]を選択します。
スタイルなし

[デザイン]タブの[テーブルスタイルのオプション]グループにある[集計行]のチェックボックスをオンにします。
集計行

B列とC列の最終セルをアクティブにして、プルダウンから[合計]を選択します。
プルダウンから合計を選択

集計行のセルには[SUBTOTAL]の数式が入り、これで準備OKです。
数式SUBTOTAL

色付きのセルで右クリックします。ショートカットメニューの[フィルター]から[選択したセルの色でフィルター]をクリックします。
選択したセルの色でフィルタ-

色付きセルのみの合計を求めることができます。
色付きセルの合計

また、色付きセルのデータの個数を求めるには、集計行のセルを選択してプルダウンから[数値の個数]に切り替えると、色付きセルの個数を求めることができます。数値の個数

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする