リンクユニット

Google検索

Windows 7 & Office 2010 PowerPoint 2010

ビデオの作成(ムービーで保存)

投稿日:2017年1月7日 更新日:

PowerPoint2010では、プレゼンテーションのすべてをWMV形式で保存できるようになりました。

ビデオの作成

[ファイル]タブから[保存と送信]をクリックします。

[ビデオの作成]をクリックして、[ビデオの作成]ボタンをクリックするだけです。

保存と送信

[ビデオの作成]ボタンをクリックすると、[名前を付けて保存]ダイアログボックスが表示されます。

[ファイルの種類]は、[Windows Media ビデオ(*.wmv)]となっています。

[ファイル名]に名前を入力して、[保存]ボタンをクリックします。

名前を付けて保存

ビデオの作成でできること

ビデオの作成は、以下のことができます。

便利になりましたね。

  • 記録されたすべてのタイミング、ナレーション、およびレーザーポインタの動きが組み込まれます。
  • スライドショーで非表示に設定されていないすべてのスライドが含まれます。
  • アニメーション、画面切り替え、およびメディアも保存されます。

また、配布用として以下の中から選択することができます。

  • コンピュータおよびHDモニター
    コンピューターのモニター、プロジェクター、またはハイビジョン表示用(大―960×720)
  • インターネットおよびDVD
    Webへのアップロードおよび標準DVDへの書き込み用(中―640×480)
  • ポータブル メディアデバイス
    ポータブルメディアデバイスの表示用:小さいテキストは読みにくくなります(小―320×240)

ビデオの作成

参考このムービー保存は、Office for Macでは、かなり以前からあったようですね。

Macにインストールしているのは、PowerPoint2011ですが、保存時のファイルの種類に[ムービー(.mov)]があります。

PowerPoint2013では、名前を付けて保存で[mp4]を選択して保存できるようになっています。

プレゼンテーションをMP4で保存、スライドにMP4を挿入

PowerPoint2013では、名前を付けて保存で[mp4]を選択して保存できるようになっています。 これは、嬉しいですね。 ビデオの挿入 ...

続きを見る

Profile

執筆者/はま

バージョンの確認

おすすめ記事と広告

-Windows 7 & Office 2010 PowerPoint 2010

Copyright © 2001-2020 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.