Google検索

Windows7 & Office2010 Access2010

帳票フォームから同じIDの単票フォームを起動するには

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Accessで、帳票フォームから同じIDの単票フォームをボタンで起動する方法を解説します。

横に長い情報より、1つのウィンドウで表示したいという場合に便利です。

画像は、Acess2010ですが、他のバージョンでも同じです。

フォーム

テーブルは下のように作成しています。

テーブル

単票フォームを作成

テーブルを元に単票フォームを作成します。

デザインビュー 単票フォーム

帳票フォームとコマンドボタンの作成

同じように帳票フォームも作成します。

そして、コマンドボタンを1つ作成しておきます。

帳票フォーム デザインビュー

クエリの作成

テーブルを元にクエリを作ります。

クエリの[ID]フィールドの[抽出条件]に以下のように入力します。

 [forms]![F_帳票]![ID]

そして、クエリを[Q_売上]という名前にして保存します。

クエリ 抽出条件

単票フォームのレコードソースを変更

[F_単票]フォームをデザインビューで開いて、プロパティシートの[データ]タブにあるレコードソースを[Q_売上]にします。

[F_単票]フォームを開いたときは、レコードソースは[T_売上]になっているはずですから、[Q_売上]に変更します。

プロパティ レコードソース

帳票フォームのコマンドボタンに設定

今度は、[F_帳票]フォームをデザインビューで開きます。

[開く]コマンドボタンのプロパティを開き、[イベント]タブの[クリック時]の[...]ボタンをクリックします。

プロパティシート

そして、[ビルダーの選択]ダイアログボックスから[コードビルダー]を選択します。

ビルダーの選択

VBEが起動するので、以下のように入力して閉じます。

DoCmd.OpenForm "F_単票"

VBA

コマンドボタンのプロパティシートの[イベント]タブの[クリック時]には、以下のように[イベントプロシージャ]と表示されます。

コマンドボタンのプロパティシート

ボタンをクリックして確認

[F_帳票]をフォームビューで開いて、[開く]ボタンをクリックすると、同じ[ID]の単票フォームが表示されます。

単票フォームは、プロパティで[レコードセレクタ]や[移動ボタン]などを[いいえ]にして非表示にしたほうがいいかもしれませんね。

帳票フォームと単票フォーム

参考別の方法もあります。

以下の記事では、[ID]のクリック時のマクロビルダーで設定する方法を紹介しています。

データシートの【ID】をクリックして単票フォームを開く

Accessのデータシートの[ID]番号をクリックしたら、その[ID]の単票フォームを開く方法です。 データシートのフォーム名は[F_データ ...

続きを見る

また、帳票フォームのボタンのクリック時イベントにコードを記述する方法もあります。

帳票フォームから同じIDの単票フォームを開く(イベントプロシージャ)

帳票フォームから単票フォームを開いたときに、自動的にチェックが付くような仕組みを作ることもできます。

帳票フォームから単票を開いたらチェックを付ける(リセット方法も)

Accessで帳票フォームから、ボタンをクリックして同じIDの単票を開くように作成することはよくあります。フィールドが多い場合は、修正は横に ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

-Windows7 & Office2010 Access2010

Copyright © 2001-2019 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.