Windows7 & Office2010 Access2010

Print Friendly, PDF & Email

レコード削除時の確認メッセージを非表示にする

投稿日:

Accessでレコードを削除すると、下のように確認メッセージが表示されます。
この確認メッセージは、非表示にすることができます。
削除メッセージ
[ファイル]タブから[オプション]をクリックして、[Accessのオプション]ダイアログボックスを表示させます。
[クライアントの設定]で[確認]から[レコードの変更]のチェックボックスをオフにします。
でも、この設定は、各パソコンごとに設定しなくてはいけません。
Accessのオプション
マクロで設定することもできます。
[作成]タブから[マクロ]をクリックします。[すべてのアクションを表示]をクリックして、
[新しいアクションの追加]で[メッセージの設定]を選択します。
[メッセージの表示]を[いいえ]にして、続けて[レコードの削除]を設定して、マクロに名前を付けて保存します。
メッセージの表示

フォームにボタンを作成して、[イベント]タブにある[クリック時]で作成したマクロを選択します。
クリック時イベント

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

あなたへのおすすめ

関連記事

新しい段落番号の書式

Word2010では、新しい番号書式が追加されています。 下は、Word2007の[新しい番号書式の定義]ダイアログボックスです。 Word ...

ACCDEファイルの作成

ACCDE形式で保存すると、フォームやレポートを作成したり、変更できなくなります。 [ファイル]タブの[保存して発行]から[データベースに名 ...

テキストのグループ化

Word2007にも同じ機能がありますが、 テキストをグループ化しておくと、削除も編集もできなくなります。 複数の段落を選択して、 [開発] ...

帳票フォームから単票フォームを起動するには

Accessで、帳票フォームから同じIDの単票フォームをボタンで起動する方法を解説します。画像は、Acess2010ですが、他のバージョンで ...

目次スライドの作り方

PowerPoint2007から、目次スライドの自動作成機能はなくなってしまいました。 その代わりの方法を紹介します。 作成したプレゼンテー ...

-Windows7 & Office2010 Access2010

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.