Google検索

Windows7 & Office2010 Access2010

レコード削除時の確認メッセージを非表示にする

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Accessでレコードを削除しようとすると、毎回、確認メッセージが表示されます。

○件のレコードを削除します。

[はい]をクリックすると、削除したレコードを元に戻すことはできません。これらのレコードを削除してもよろしいですか?

削除メッセージ

この確認メッセージは、非表示にすることができます。ただし、表示されたほうがいい場合もあると思いますので、本当に不要かどうかはよく考えて判断してください。

Accessのオプションで設定

[ファイル]タブから[オプション]をクリックして、[Accessのオプション]ダイアログボックスを表示させます。

[クライアントの設定]で[確認]から[レコードの変更]のチェックボックスをオフにします。

でも、この設定は、各パソコンで設定しなくてはいけません。

Accessのオプション

マクロで設定

マクロで設定することもできます。

[作成]タブから[マクロ]をクリックします。

[すべてのアクションを表示]をクリックして、[新しいアクションの追加]で[メッセージの設定]を選択します。

[メッセージの表示]を[いいえ]にして、続けて[レコードの削除]を設定して、マクロに名前を付けて保存します。

メッセージの表示

以下の記事も参考になると思います。

変更履歴テーブルの作成

追加クエリを使用して、テーブルに変更履歴を残す方法です。 参考ここでは、ウィンドウの表示は[ウィンドウを重ねて表示する]の設定にしています。 ...

続きを見る

フォームにボタンを作成して、[イベント]タブにある[クリック時]で作成したマクロを選択します。

クリック時イベント

確認メッセージの非表示設定は、以下の記事でも解説しています。

アクションクエリ実行時の確認メッセージを非表示にする

以下のメッセージウィンドウは、追加クエリを実行したときに表示されるメッセージです。このメッセージを非表示にする方法です。 場合によっては、確 ...

続きを見る

参考レコードの削除は、削除クエリを使って作成することができます。以下の記事ではアクションクエリについてもまとめています。

削除クエリを使ってすべてのレコードを削除するには

Accessでテーブルのすべてのレコードを削除するには、すべてのレコードを選択して削除する方法もありますが、削除クエリを使って簡単に削除する ...

続きを見る

Profile

執筆者/はま

おすすめ記事と広告

-Windows7 & Office2010 Access2010

Copyright © 2001-2019 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.