Google検索

リンクユニット

Windows7 & Office2010 Access2010

フォームでチェックボックスがオンの数を集計するには

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Accessのテーブルのフィールドで[データ型]を[Yes/No型]にして、フォームでそのチェックボックスがオンの数を合計したい場合の方法です。

フォーム

テーブルの確認

[T_申込]テーブルは、下のようにセミナーごとにフィールドを作成して、データ型は[Yes/No型]にしています。

テーブル デザインビュー

フォームの確認

テーブル[T_申込]を基に作成したフォームの新規データ入力は下のようになっています。

ここでは、フォームの名前は[F_申込]にしています。

参考テーブルで[Yes/No型]を選択すると、フォームではチェックボックスになります。

フォーム

非連結のテキストボックスを作成して、コントロールソースへ入力

このチェックボックスでチェックボックスがオンの数を集計して表示するには、[T_申込]テーブルを元にフォームを作成します。

ここでは、[F_集計]というフォームを作成しています。

非連結のテキストボックスを作成します。

そして、そのテキストボックスのプロパティを表示します。

参考プロパティを表示するショートカットキーは、[F4]キーです。

コントロールソースに下のように書き込みます。

=Sum(IIf([セミナー1]=Yes,1,0))

同じように他の2つのテキストボックスのコントロールソースにも書き込みます。

コントロールソース

IIF関数については、Microsoftの以下の記事が参考になります。

IIf 関数 - Access

IIF構文

フォームビューで確認

フォームビューで確認すると、下のようになります。

参考フォームのデザインビューから、フォームビューに切り替えるショートカットキーは[F5]キーです。

フォーム

集計データの更新

また、新しいデータが入力されるたびに集計データを更新したいのであれば、[更新]ボタンを作成して下のように[クリック時]イベントのイベントプロシージャに書き込みます。

DoCmd.Requery

VBA

関連以下の記事は、[Yes/No型]で作成したチェックボックスに関する記事です。

Yes/No型をチェックボックスではなく文字列で表示するには

Accessのテーブルでフィールドのデータ型を[Yes/No型]にすると、シートビューではチェックボックスになります。 テーブルや、フォーム ...

続きを見る

Yes/No型を一気に更新

Yes/No型のインポート

おすすめ記事と広告

-Windows7 & Office2010 Access2010

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.