おすすめ記事

同じカテゴリー

Wordでグラフを作成



Wordでグラフを作成する方法です。
Word2007からの機能ですが、Word2013で解説します。

グラフの挿入

グラフを挿入したい位置にカーソルを置いて、[挿入]タブの[図]グループにある[グラフ]をクリックします。
挿入タグのグラフ

[グラフの挿入]ダイアログボックスが表示されます。目的のグラフを選択して[OK]ボタンをクリックします。
ここでは、[縦棒]の[集合縦棒]を選択します。
グラフの挿入

カーソルの位置にグラフが挿入されます。グラフのデータはサンプルです。グラフの↓にはExcelシートが表示されています。
Wordの挿入されたグラフ

スポンサーリンク

データの編集

この[Microsoft Word内のグラフ]で直接データを入力してもいいですし、既存のデータがあれば、それをコピーして貼り付けてもいいです。
Microsoft Word内のグラフ

下のように編集しました。データを更新すると、すぐにグラフに反映されます。不要な列は削除して、右上の閉じるボタンでシートを閉じます。
Exelシート

出来上がったグラフです。
グラフの完成

グラフを選択した状態にすると[グラフツール]タブが現れて、まるでExcelのグラフですね。同じようにカスタマイズすることができます。

グラフスタイルの変更

[デザイン]タブからスタイルを変更することもできます。リアルタイムプレビューなので、マウスでポイントすると結果を見ることができます。
スタイルの変更

データの選択

また、グラフの修正や編集が必要な場合は、[デザイン]タブの[データの選択]をクリックします。
データの選択

[データソースの選択]ダイアログボックスが表示され、グラフデータ範囲の変更や種々の修正を行うことができます。
データソースの選択

Excel2013でデータを編集

また、[データの編集]にある[Excel2013でデータを編集]をクリックすると、
データの編集

Excelのワークシートを別ウィンドウで起動して修正することができます。
Excelウィンドウ

クイックレイアウトでレイアウトの変更

[デザイン]タブの[クイックレイアウト]から、さまざまはレイアウトに変更することもできます。これもリアルタイムプレビューなので便利ですね。
クイックレイアウト

グラフの種類の変更

[グラフの種類の変更]ボタンをクリックして、別のグラフに変更することもできます。Excelのグラフ作成に慣れた人であれば、簡単に思い通りのグラフを作成することができると思います。
グラフの種類の変更

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする