おすすめ記事

同じカテゴリー

セルに0を表示しない方法



Excelでセルに表示された0を非表示にする方法を5つ紹介します。

@ワークシートまたはブック全体の0を非表示にする方法
A条件付き書式を使って、0のセルのフォントを白にする方法
Bユーザー定義で設定する方法
C数式を使う方法
Dピボットテーブルの場合

@ワークシートまたはブック全体の0を非表示にする方法
下のようにシートに0が表示されていて、シート全体の0を非表示にする方法です。
ワークシート
[ファイル]タブをクリックして[オプション]をクリックします。
[Excelのオプション]ダイアログボックスを表示します。
[詳細設定]をクリックして、[次のシートで作業するときの表示設定]で[ゼロ値のセルにゼロを表示する]のチェックボックスをオフにします。
[Excelのオプション]ダイアログボックス
ワークシートごとに設定できますし、ブックに設定することもできます。
シートの選択

スポンサーリンク

A条件付き書式を使って、0のセルのフォントを白にする方法
まず、0を表示したくない範囲を選択します。必ず範囲選択してから設定します。
範囲選択したまま[ホーム]タブにある[条件付き書式]をクリックします。
条件付き書式
[指定の値に等しい]をクリックします。
[指定の値に等しい]をクリック
右側の書式から[ユーザー設定の書式]をクリックします。
[ユーザー設定の書式]をクリック
[フォント]タブにある[色]から白色を選択します。[OK]ボタンをクリックしてダイアログボックスを閉じていきます。
フォントタブ
これで見た目は、非表示になります。数式バーには0と表示されますが、印刷はされません。
条件付き書式を設定後の結果
値が変動しない場合は、条件付き書式を使わなくても、セルを選択して[フォントの色]から白色を設定しても同じです。
フォントの色
条件付き書式をクリアするには、範囲選択して、[条件付き書式]から[ルールのクリア]から[選択したセルからルールをクリア]または、[シート全体からルールをクリア]をクリックします。
条件付き書式のクリア
Bユーザー定義で設定する方法
表示形式を変更して、0を非表示にする方法です。
範囲選択して、右クリックします。ショートカットメニューから[セルの書式設定]をクリックします。
セルの書式設定
[表示形式]タブの[ユーザー定義]をクリックします。
[種類]に[G/標準;G/標準;]とします。
ユーザー定義は、セミコロンで区切って書式を4つまで指定することができます。
[正の数の書式;負の数の書式;ゼロの書式;文字列の書式]
ユーザー定義については、ユーザー定義の表示形式で解説しています。
ユーザー定義
C数式を使う方法
数式を入力しても参照セルが空白の場合は、下のように0が表示されてしまいます。
数式
こういう場合は、IF関数を使用します。[=A1/2]を[=IF(A1="","",A1/2)]とします。
IF関数
0が表示されたセルで関数の引数ダイアログボックスを表示しています。
関数の引数
Dピボットテーブルの場合
ピボットテーブルの場合は、0は既定で非表示になっていますが、0が表示されていてる場合は、オプションの設定で非表示にすることができます。
ピボットテーブル内にカーソルを置いて、[分析]タブの左端にある[ピボットテーブル]から[オプション]をクリックします。
分析タブ
[ピボットテーブルオプション]ダイアログボックスが表示されます。[レイアウトと書式]タブにある[空白セルに表示する値]のチェックボックスをオフにします。
[ピボットテーブルオプション]ダイアログボックス

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする