おすすめ記事

同じカテゴリー

メール送信の形式



初期設定では、[メール送信の形式]はHTML形式に設定されていると思います。
メニューバーの[オプション]から[送信]タブをクリックします。
ツール オプション


オプションダイアログボックス 送信タブ

スポンサーリンク


HTML形式というのは、インターネットのホームページと同じ形式です。
きれいで表現豊かなメッセージを作れますね。でも 相手側が対応していなくて 読んでもらえないこともあります。
一般的には、テキスト形式にしておいたほうが どこへ送っても読んでもらえます。
そこで [テキスト形式]にチェックをいれます。

テキスト形式


メッセージの作成画面では、[書式]をクリックしてください。
そこで、リッチテキスト(HTML形式)とテキスト形式を選べます。
テキスト形式だと ひな型が選べなくなるし・・書式のツールバーも表示されませんね。
書式メニュー
メールを送る相手がHTML形式も受信できるとわかっている場合は 使っていいと思います。
ただ きちんと表示できなかったり、メールのサイズが大きくなったりしますので使う場面をよく考えてからにしましょう。

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする