Google検索

リンクユニット

Windows7 & Office2010 Outlook2010

起動時に予定表を開くには

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Outlook2010では、起動時に表示されるのは[受信トレイ]になっています。

この起動時に開くフォルダは変更することができます。

[Outlookのオプション]の表示

[ファイル]タブの[オプション]をクリックします。

ファイルタブ

Outlookの起動後に表示するフォルダー

[Outlookのオプション]から[詳細設定]をクリックします。

[Outlookの開始と終了]から[Outlookの起動後に表示するフォルダー]の[参照]ボタンをクリックします。

詳細設定

[フォルダーの選択]から[予定表]を選択して[OK]ボタンをクリックします。

これで次回からOutlookの起動時には[予定表]が表示されるようになります。

フォルダーの選択

注意Outlookの起動後に表示するフォルダーに[ToDoバーのタスクリスト]を指定すると、Outlookが起動しないというトラブルがありました。

Outlookが起動しない

ちょっとびっくりですが、以下のような設定にすると、Outlook2010は、起動しなくなるのでご注意ください。 現象 [ファイル]タブの[オ ...

続きを見る

関連以下は、予定表に関する記事です。

予定表に添付ファイル付きメールをコピーするには

Outlookでは、受信したメールを予定表へドラッグするだけで、予定表に書きこむことができます。 でも、添付ファイル付きメールの場合は、添付 ...

続きを見る

メールと予定表を並べて表示するには

Outlookのメールウィンドウと予定表を並べて表示しておくと、予定を確認しながらメールを打つことができます。 新しいウィンドウで開く ナビ ...

続きを見る

予定表からすべての予定を削除するには

Outlookの予定表のスケジュールを1つずつ削除するには、削除したいアイテムで右クリックして、ショートカットメニューから[削除]をクリック ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

-Windows7 & Office2010 Outlook2010

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.