リンクユニット

Windows7 & Office2010 Outlook2010

起動時に予定表を開くには

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Outlook2010では、起動時に表示されるのは[受信トレイ]になっています。
この起動時に開くフォルダは変更することができます。

[Outlookのオプション]の表示

[ファイル]タブの[オプション]をクリックします。
ファイルタブ

Outlookの起動後に表示するフォルダー

[Outlookのオプション]から[詳細設定]をクリックします。
[Outlookの開始と終了]から[Outlookの起動後に表示するフォルダー]の[参照]ボタンをクリックします。
詳細設定

[フォルダーの選択]から[予定表]を選択して[OK]ボタンをクリックします。
これで次回から起動時には[予定表]が表示されるようになります。
フォルダーの選択

関連予定表に関する記事です。

予定表に添付ファイル付きメールをコピーするには

Outlookでは、受信したメールを予定表へドラッグするだけで、予定表に書きこむことができます。でも、添付ファイル付きメールの場合は、添付フ ...

続きを見る

メールと予定表を並べて表示するには

Outlookのメールウィンドウと予定表を並べて表示しておくと、予定を確認しながらメールを打つことができます。 新しいウィンドウで開く ナビ ...

続きを見る

予定表からすべての予定を削除するには

Outlookの予定表のスケジュールを1つずつ削除するには、削除したいアイテムで右クリックして、ショートカットメニューから[削除]をクリック ...

続きを見る

 

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

マクロのアクションに【出力】がない

Access2003のマクロアクションには、[出力]があり、これまでよく使っていました。 すべてのデータをExcelへ出力したほうが、何かと ...

起動時にアプリケーションも起動

Windowsを起動して、いつも起動するアプリケーションはありませんか? スタートメニューの[スタートアップ]に登録しておくと、Window ...

no image
画面切り替え効果

PowerPoint2010の画面切り替え効果です。画面切り替えとは、スライドショーで次にスライドへ移るときの動きです。 クールなものがたく ...

文字の割付(列幅に合わせて複数セルに割付)

以前からある機能です。 こんな機能がExcelにあっていいの?と思ってしまった機能ですが、Excelで文書作成される方にとっては、便利な機能 ...

フォームを使用する

Excel2003のときは、[データ]メニューの[フォーム]から起動できたフォームですが、Excel2010では[データ]タブの中に見つけら ...

-Windows7 & Office2010 Outlook2010

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.