Windows7 & Office2010 Outlook2010

起動時に予定表を開くには

投稿日:

Outlook2010では、起動時に表示されるのは[受信トレイ]になっています。
この起動時に開くフォルダは変更することができます。

[ファイル]タブの[オプション]をクリックします。
ファイルタブ
スポンサーリンク
[Outlookのオプション]から[詳細設定]をクリックします。
[Outlookの開始と終了]から[Outlookの起動後に表示するフォルダー]の[参照]ボタンをクリックします。
詳細設定

[フォルダーの選択]から[予定表]を選択して[OK]ボタンをクリックします。
これで次回から起動時には[予定表]が表示されるようになります。
フォルダーの選択

トラブルをすぐに解決したいならteratail

お勧め記事と広告

関連記事

カレンダーウィザード

Word2003のときには、[標準のテンプレート]の中にあって インターネットに接続しなくてもいつでも カレンダーを作成できていたのですが、 ...

ワークシートをスッキリ見せるには

Excelでプレゼンする場合、枠線や行列番号、リボンなどを非表示にすると見やすくなります。 通常は、下の画像のようになっています。 [枠線] ...

PowerPivotのリレーションシップ

Excel2010のPowerPivotで、下の操作でExcelファイルを取込ました。 PowerPivotでExcelファイルのデータをイ ...

サブフォームを含むフォームを簡単作成

Accessで一つのフォーム上に二つのテーブルの情報を表示して 同時に閲覧できると便利な場合があります。 たとえば[得意先]テーブルと[受注 ...

mdbファイルをaccdbファイルに変換

Access2003で作成したmdbファイルを新拡張子であるaccdbのファイルに変換する方法です。 まず、Access2010でmdbファ ...

-Windows7 & Office2010 Outlook2010

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.