Google検索

Windows7 & Office2010 Outlook2010

メールの開封済みのタイミングを設定(自動で既読にしない)

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Outlookでは、既定のままの設定だとメールのプレビューを数秒間表示すると、自動的に既読(開封済み)になってしまいます。

毎日、大量のメールをチェックする方にとっては、大事なメールを見過ごしてしまうことになり迷惑な設定なのかもしれません。

たとえば、長いメールだったので、後で読み直そうと思っていたのに、会議があって席に戻ると開封済み(既読)になっていて、うっかり忘れてしまうということがおきるようです。

自動的に未読(未開封)から既読(開封済み)に切り替わらないように設定することで、解決することができます。

[閲覧ウィンドウ]で設定

自動で切り替わらないようにして、ショートカットキーで切り替える方法も紹介します。

[閲覧ウィンドウ]ダイアログボックスの表示

Outlook2010の[ファイル]タブをクリックします。

Outlookの[ファイル]タブ

[オプション]をクリックして[Outlookのオプション]を表示します。

[オプション]をクリック

[詳細設定]タブをクリックして、[Outlookウィンドウ]の[閲覧ウィンドウ]ボタンをクリックします。

[Outlookのオプション]の[詳細設定]

[閲覧ウィンドウ]ダイアログボックスの[次の時間閲覧ウィンドウで表示するとアイテムを開封済みにする]の設定は既定でオフになっていると思います。

その下の[閲覧ウィンドウでの表示が終わったら開封済みにする]の設定は、既定でオンになっていると思いますので、ここのチェックボックスをオフにします。

[閲覧ウィンドウ]ダイアログボックス

これでダブルクリックでメッセージを開かない限り、開封済みになることはありません。

ショートカットキーで未読と既読の切り替え

未読(未開封)と既読(開封済み)は、ショートカットキーで切り替えることもできます。

返信の必要がないメッセージは、ショートカットキーで既読(開封済み)にして、間違えて既読(開封済み)になってしまったメッセージは未読(未開封)にすることができます。

既読(開封済み)[Ctrl]+[Q]

キーボード[Ctrl]+[Q]

未読(未開封)[Ctrl]+[U]

キーボード[Ctrl]+[U]

Profile

執筆者/はま

おすすめ記事と広告

-Windows7 & Office2010 Outlook2010

Copyright © 2001-2019 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.