Google検索

リンクユニット

Windows7 & Office2010 Office2010

開発タブの表示

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Office2010から[開発]タブを表示する方法が変わりました。

Office2010以降は以下の方法で表示します。

[ファイル]タブの[オプション]をクリック

[ファイル]タブをクリックして、左下にある[オプション]をクリックします。

ファイルタブ

[リボンのユーザー設定]の[開発]のチェックボックスをオン

[〇〇のオプション]ダイアログボックスの[リボンのユーザー設定]をクリックします。

右側の[リボンのユーザー設定]にある[開発]のチェックボックスをオンにして[OK]ボタンをクリックします。

各アプリケーションごとに設定が必要です

既定では、オフになっています。

リボンのユーザー設定

これで[開発タブ]が表示されます。

開発タブ

Office2007の場合

Office2007の場合はオプションの[基本設定]に、[[開発]タブをリボンに表示する]という項目があります。

Office2007の基本設定

[開発]タブの[マクロのセキュリティ]

[開発]タブの[コード]グループには[マクロのセキュリティ]ボタンがあります。

このボタンをクリックすると、[セキュリティセンター]ダイアログボックスの[マクロの設定]を表示することができます。

ここで、[マクロの設定]を変更することができます。

[開発]タブを表示していると、[マクロの設定]画面を表示するのはかなり早いです。

マクロの設定

[開発]タブを表示していない場合は、以下の順序になります。

[ファイル]タブをクリックして[オプション]をクリックして[Excelのオプション]ダイアログボックスを表示します。

[Excelのオプション]ダイアログボックスの[セキュリティセンター]をクリックします。

そして、[セキュリティセンターの設定]ボタンをクリックします。

[マクロの設定]画面を表示する方法については、以下の記事で解説しています。

【マクロの設定】画面の表示方法

マクロのセキュリティ設定をカスタマイズするためには、[マクロの設定]画面を表示しなければなりません。 [開発]タブを表示している場合 [開発 ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

-Windows7 & Office2010 Office2010

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.