リンクユニット

Windows7 & Office2010 Excel2010

Print Friendly, PDF & Email

PowerPivotでExcelファイルのデータをインポート

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excel2010のPowerPivotで、Excelファイルのデータをインポートする方法です。

PowerPivotウィンドウ起動

[PowerPivot]タブから[PowerPivotウィンドウ起動]をクリックします。
[PowerPivot]タブ

外部データの取り込み

[ホーム]タブの[外部データの取り込み]にある[その他のデータソースから外部データを取り込み]をクリックします。
その他のデータソースから外部データを取り込み

[テーブルのインポートウィザード]の[Excelファイル Excelファイルからデータをインポートします。]を選択して、[次へ]のボタンをクリックします。
テーブルのインポートウィザード

[参照]ボタンをクリックして、目的のExcelブックを指定します。
[先頭の行を列見出しとして使用する]のチェックボックスをオンにします。
[次へ]のボタンをクリックします。
Excelファイルに接続するための情報を入力

データとして必要なテーブルやシートを選択します。チェックボックスをオンにします。
名前の後に[$_xlnm#_FilterDatabase]という名前がついたテーブルが自動的に表示されますが、これは無視してよいと思います。[完了]ボタンをクリックします。
インポート元の選択

インポートが開始され、終了すると下のように[成功]と表示されます。[閉じる]ボタンをクリックして閉じます。
インポートの開始

ピボットテーブルの作成

インポートしたデータを元に[ピボットテーブル]を作成することができます。
ピボットテーブルの作成

関連Excel2013でのインポート方法は、Excel2013のPowerPivotでExcelファイルを取り込むを参照してください。

データモデルにデータを取り込んだ後、ピボットテーブルを作成する方法は以下の記事も参考になると思います。解説はExcel2016です。

データモデルのデータを使ってピボットテーブルを作成する方法

Excel2013以降にはPowerPivotというビッグデータを分析できるアドイン機能が標準で搭載されています。ただし、既定では有効になっ ...

続きを見る

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

解決できないことは【teratail】に質問してみましょう。

アドセンス記事内広告1個

おすすめ記事と広告

こんな記事も読まれています

ルックアップウィザード

Accessのテーブルで、フィールドに入力する値をコンボボックスから選択する方法です。 ルックアップウィザードを使って解説します。 コンボボ ...

テキストのグループ化

Word2007にも同じ機能がありますが、テキストをグループ化しておくと、削除も編集もできなくなります。 開発タブの表示 [開発]タブは、[ ...

文字列を自動修正しない例外処理の設定

Wordには、オートコレクトという文字列を自動修正してくれる機能があります。その例外処理の設定方法です。どのバージョンにもある機能です。 オ ...

数式の挿入ボタン

Excel2010には、[数式の挿入]ボタンがあります。人によっては、とーーっても嬉しい機能のようです。 これまで、数式を入力するには数式エ ...

ペイントで画像を丸くする(Win7)

ペイントを使って、写真や画像を丸くする方法です。 と言っても、丸い形に見せるというやり方ですが。 WindowsXPおよびWindowsVi ...

-Windows7 & Office2010 Excel2010

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.