リンクユニット

Windows7 & Office2010 Excel2010

Print Friendly, PDF & Email

PowerPivotでExcelファイルのデータをインポート

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excel2010のPowerPivotで、Excelファイルのデータをインポートする方法です。

PowerPivotウィンドウ起動

[PowerPivot]タブから[PowerPivotウィンドウ起動]をクリックします。
[PowerPivot]タブ

外部データの取り込み

[ホーム]タブの[外部データの取り込み]にある[その他のデータソースから外部データを取り込み]をクリックします。
その他のデータソースから外部データを取り込み

[テーブルのインポートウィザード]の[Excelファイル Excelファイルからデータをインポートします。]を選択して、[次へ]のボタンをクリックします。
テーブルのインポートウィザード

[参照]ボタンをクリックして、目的のExcelブックを指定します。
[先頭の行を列見出しとして使用する]のチェックボックスをオンにします。
[次へ]のボタンをクリックします。
Excelファイルに接続するための情報を入力

データとして必要なテーブルやシートを選択します。チェックボックスをオンにします。
名前の後に[$_xlnm#_FilterDatabase]という名前がついたテーブルが自動的に表示されますが、これは無視してよいと思います。[完了]ボタンをクリックします。
インポート元の選択

インポートが開始され、終了すると下のように[成功]と表示されます。[閉じる]ボタンをクリックして閉じます。
インポートの開始

ピボットテーブルの作成

インポートしたデータを元に[ピボットテーブル]を作成することができます。
ピボットテーブルの作成

関連Excel2013でのインポート方法は、Excel2013のPowerPivotでExcelファイルを取り込むを参照してください。

データモデルにデータを取り込んだ後、ピボットテーブルを作成する方法は以下の記事も参考になると思います。解説はExcel2016です。

データモデルのデータを使ってピボットテーブルを作成する方法

Excel2013以降にはPowerPivotというビッグデータを分析できるアドイン機能が標準で搭載されています。ただし、既定では有効になっ ...

続きを見る

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

Excelを学習するなら、お勧めのテキストです。ぜひお手元においてご活用ください。

おすすめ記事と広告

こんな記事もあります

ピボットグラフのフィールドボタンを非表示にするには

Excelでピボットグラフを作成すると、自動的に「フィールドボタン」が表示されます。このフィールドボタンを非表示にする方法です。 フィールド ...

オートコンプリートのリストを空にする

Outlook2010では、オートコンプリートの候補に表示されるリストをボタン一つで削除することができます。 参考オートコンプリートというの ...

フィールドに垂直スライサーと水平スライサーがない

Excel2010でPowerPivotで作成したピボットテーブルで、フィールドの一覧にあった[垂直スライサー]と[水平スライサー]が消えて ...

テキストボックスにセルをリンク

Excel2010に限ったことではありませんが、テキストボックスはセルの内容をリンクさせることができます。 セルA1に何か文字を入力します。 ...

オートナンバー型の番号の振り直し

Accessのテーブルでフィールドのデータ型を[オートナンバー型]にして レコードを削除すると、そのレコードは欠番になります。 下は、[6] ...

-Windows7 & Office2010 Excel2010

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.