リンクユニット

Windows7 & Office2010 Excel2010

PowerPivotでExcelファイルのデータをインポート

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excel2010のPowerPivotで、Excelファイルのデータをインポートする方法です。

PowerPivotウィンドウ起動

[PowerPivot]タブから[PowerPivotウィンドウ起動]をクリックします。
[PowerPivot]タブ

外部データの取り込み

[ホーム]タブの[外部データの取り込み]にある[その他のデータソースから外部データを取り込み]をクリックします。
その他のデータソースから外部データを取り込み

[テーブルのインポートウィザード]の[Excelファイル Excelファイルからデータをインポートします。]を選択して、[次へ]のボタンをクリックします。
テーブルのインポートウィザード

[参照]ボタンをクリックして、目的のExcelブックを指定します。
[先頭の行を列見出しとして使用する]のチェックボックスをオンにします。
[次へ]のボタンをクリックします。
Excelファイルに接続するための情報を入力

データとして必要なテーブルやシートを選択します。チェックボックスをオンにします。
名前の後に[$_xlnm#_FilterDatabase]という名前がついたテーブルが自動的に表示されますが、これは無視してよいと思います。[完了]ボタンをクリックします。
インポート元の選択

インポートが開始され、終了すると下のように[成功]と表示されます。[閉じる]ボタンをクリックして閉じます。
インポートの開始

ピボットテーブルの作成

インポートしたデータを元に[ピボットテーブル]を作成することができます。
ピボットテーブルの作成

関連Excel2013でのインポート方法は、Excel2013のPowerPivotでExcelファイルを取り込むを参照してください。

データモデルにデータを取り込んだ後、ピボットテーブルを作成する方法は以下の記事も参考になると思います。解説はExcel2016です。

データモデルのデータを使ってピボットテーブルを作成する方法

Excel2013以降にはPowerPivotというビッグデータを分析できるアドイン機能が標準で搭載されています。ただし、既定では有効になっ ...

続きを見る

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

管理人一押しのテキストです。業務改善、時短のための一冊です。関数を学び直したい人はぜひ!

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

開発タブにアドイングループ

Excel2010では、[開発]タブに[アドイングループが追加されました。 開発タブがない方は、開発タブの表示を参照してください。 上がEx ...

タスクバーにフォルダを登録

Windows XPでは、フォルダをタスクバーにドラッグするだけでフォルダをタスクバーに登録することができましが、Windows7では、同じ ...

ファイルのプロパティ情報を削除する

ファイルのプロパティの情報を削除する方法がWindows7から、ちょっと便利になってます。 プロパティの表示 ファイルを右クリックして、ショ ...

文字カウントの文字数と単語数

Word2007から、ステータスバーに[文字数]が表示されるようになりました。 ステータスバーの文字数の表示/非表示設定 ステータスバーで右 ...

no image
シェイク機能

ウィンドウをいくつか開いている状態で、ある特定のウィンドウのタイトルバーをシェイクして他のウィンドウを最小化することができます。 左右のシェ ...

-Windows7 & Office2010 Excel2010

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.