おすすめ記事

同じカテゴリー

分数を入力したい



[数式エディタ]を利用して、分数を入力することができます。
また 複雑な数式を作成することもできます。
Word、Excel、PowerPointなどでも使えます。数式エディタを利用する方法を紹介します。


メニューバーの[挿入]から[オブジェクト]をクリックします。
挿入メニュー オブジェクト


[オブジェクトの挿入]ダイアログボックスが表示されます。[新規作成]タブをクリックします。
オブジェクトの種類の中から [Microsoft 数式3.0]を選択して、[OK]ボタンを押します。
オブジェクトの挿入ダイアログボックス
※初めに使用する場合は、Microsoft OfficeのCDを求められることがあります。
Officeを標準インストールしている場合です。
指示に従って、CD-ROMを挿入して、インストールしてください。


数式ツールバーが表示されると思います。
カーソルの位置に数式を作成します。
数式ツールバー

スポンサーリンク

分数を作成してみましょう。
下段の[分数と根号テンプレート]のボタンをクリックして、分数の数式ををクリックします。
数式ツールバー
分数を入力できる状態になります。
分数
下に[100]、上に[1]と入力して、数式オブジェクト以外のところをクリックします。
再度、数式を編集したいときは 数式上でダブルクリックすると編集できます。
分数の入力分数の表示


また 詳しい使い方については [数式ツールバー]を表示させた状態で[ヘルプ]を参照するとよいと思います。
メニューバーの[ヘルプ]から[トピックの検索]をクリックします。
ヘルプ トピックス
トピックの検索ダイアログボックスが表示されますので、利用したほうがいいですね。
トピックの検索


数式エディタのコマンドをツールバーに表示させておくと便利ですよ。
Wordの場合です。メニューバーの[ツール]から[ユーザー設定]をクリックします。
ツールメニュー


ユーザー設定ダイアログボックスの[コマンド]タブをクリックして表示します。
[分類]の中から、[挿入]を選択します。そして、右側の[コマンド]から[Microsoft数式エディタ]をクリックします。
ユーザー設定 コマンドタブ


[Microsoft 数式エディタ]をツールバーの任意の位置へドラッグして追加します。
ユーザー設定ダイアログボックスは閉じます。
コマンドボタンの追加


ツールバーの[Microsoft 数式エディタ]のボタンをクリックすると、いつでも使えます。
コマンドボタンの追加 確認


また 追加したボタンを削除したい場合は[Alt]キーを押しながら ボタンをツールバー以外の場所へドラッグしてください。
マウスポインタにX記号が表示されますので、マウスから手を離します。
[ユーザー設定]ダイアログボックスを表示している状態なら、ボタンをツールバー以外の場所へドラッグするだけで削除出来ます。
Blogのボタンの削除で詳しく解説しています。


Word2007では、[挿入]タブに[数式]ボタンが表示され簡単になりました。
分数の入力が簡単に


Excel2010でも、数式の挿入ボタンが追加されました。
数式の挿入ボタン


Excelで数値を分数表示にする方法は下のページで解説しています。
数値を分数で表示するには

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする