おすすめ記事

同じカテゴリー

ワークシートについて



ワークシートの数

初期設定では、新しいブックのワークシート数は3枚です。
これは、設定で変更できます。
メニューバーの[ツール]から[オプション]をクリックして、[オプション]ダイアログボックスを表示させます。
ツールメニュー
[全般]タブから、新しいブックのシート数の項目で変更できます。
最高255枚まで設定できますが、メモリによって多少違ってくるようです。
オプションダイアログボックス

シートの挿入

シートの見出しをクリックして、メニューバーの[挿入]から[ワークシート]をクリックします。
挿入メニュー
選択したシートの左側に挿入されます。
シートの挿入

スポンサーリンク

また、複数のシートを一度に挿入したい場合は、挿入したい数の分だけのシート見出しを選択してから操作するといいですよ。
たとえば、3枚のシートを挿入したい場合は、[Sheet1]のシート見出しをクリックして、[Shift]キーを押したまま[Sheet3]をクリックします。
そして、上と同じ操作をします。
挿入メニュー
3枚のワークシートが一度に挿入されました。
3枚のワークシートを追加
Ctrlキーを使ってコピーする場合は、手前にあるシート見出しをクリックして、[Ctrl]キーを押したままドラッグしてください。
他のシート見出しをドラッグしてもコピーはできません。
Ctrlキーを使ってドラッグ
Blogの複数シートの挿入も参考になるとおもいます。

シートの削除

削除したいシート見出しを選択します。
メニューバーの[編集]から[シートの削除]をクリックします。
編集メニュー
データが入力されているシートを削除する場合は、メッセージが表示されます。
[削除]ボタンをクリックします。

複数のシートを削除する場合は、削除したいシートを[Ctrl]キーで選択すると一度に削除することができます。
たとえば、[Sheet1]と[Sheet3]を削除したい場合、[Sheet1]を選択して、[Ctrl]キーを押したまま[Sheet3]をクリックします。
そして、上と同じ操作をします。連続したシートを選択する場合は、[Shift]キーを使います。
[Shift]と[Ctrl]キーの使い方については、選択の方法を参考にしてくださいね。
編集メニュー
[Sheet1]と[Sheet3]が一度に削除されました。
シートの削除
また、シートの挿入も削除もシート見出しを右クリックして、ショートカットメニューの中から選択することもできます。
シート見出しを右クリックすると、下のようなショートカットメニューが表示されます。
[名前の変更]もできることがわかりますね。
シート見出しで右クリック
このショートカットメニューの[移動またはコピー]を使って、他のブックへワークシートを移動したり、コピーしたりできます。
Blogのこのシートを他のブックにコピーしたいを参照してください。
また新しいブックに保存することもできます。
このシートだけを新しいブックに保存したいシートを移動したり、コピーしたりする場合は、ブックを並べて操作することもできます。
ブックを並べて表示 で解説しています。

作業グループの設定

シートを複数選択して[作業グループ]の設定をしておくと、選択したシートすべてに一括で入力したり書式の設定することが可能です。
[Ctrl]キーや[Shift]キーを使って、複数のシートを選択します。選択方法は、ここを参考にしてください。
すべてのシートを選択する場合は、シート見出しで右クリックしてショートカットメニューの中から[すべてのシートを選択]をクリックしてもよいです。
すべてのシートを選択
そうすると、タイトルバーに[作業グループ]と表示されます。
この状態で入力したり書式設定をすると、選択したシートすべてに適用されます。
作業グループで行える作業(Microsoft)
作業グループ
グループ化の解除の方法です。
●シート見出しで右クリックします。ショートカットメニューの中に[作業グループ解除]というメニューがありますね。
それをクリックします。
作業グループ解除
●すべてのシートがグループ化されている場合は、一番手前のシート以外のシート見出しをクリックです。

●グループ化していないシートがあれば、そのグループ化していないシート見出しをクリックです。
Blogの作業グループの設定でも解説しています。

シートの名前の変更

では、右クリックのショートカットメニューから名前の変更をしてみましょう。
[名前の変更]をクリックします。
名前の変更
シート見出しが黒く反転します。このまま名前を入力します。
シート見出しが反転
名前の入力
シート見出しをダブルクリックしても黒く反転しますので、そのまま名前を入力できます。
コピー、貼り付けで名前を変更する場合の方法はBlogのシートの名前の変更を参照してください。

シート見出しの色

また、シート見出しに色をつけることもできます。
シート見出しを右クリックして、[シート見出しの色]をクリックします。
シート見出しの色
カラーボックスが表示されますので、任意の色を選択して[OK]ボタンをクリックします。
シート見出しの色の設定ダイアログボックス
下のように選択中のワークシートの見出しは、白く表示されます。
シート名の下の方に少し色が見えるぐらいですね。
シート見出し

シートの移動とコピー

同じブック内でシートを移動したい場合は、シート見出しをクリックして、移動先までドラッグします。
ドラッグで移動
また、シートをコピーしたい場合は、[Ctrl]キーを押したままコピー先までドラッグします。
シートのコピー


ワークシートの枠線の色は変更したり、非表示にすることができます。
枠線のについてを参照してください。

ワークシートを分割して表示することもできます。
シートの分割表示を参照してください。

見出しスクロールで右クリックして、すべてのシートを表示して切り替えることができます。
すべてのシートを表示して切り替える(Excel2010での解説ですが、操作は同じです。)

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする