リンクユニット

Windows7 & Office2010 Excel2010

文字の割付(列幅に合わせて複数セルに割付)

投稿日:2017年1月9日 更新日:

以前からある機能です。
こんな機能がExcelにあっていいの?と思ってしまった機能ですが、Excelで文書作成される方にとっては、便利な機能なのかもしれません。

文字の割付

1つのセルの文字列を複数セルに割付

セル[A1]に、長い文字列を入力しています。
[ホーム]タブの[編集]グループにある[フィル]から[文字の割付]をクリックします。
文字の割付

[選択範囲の下のセルに上書きします。よろしいですか?]とメッセージウィンドウが表示されます。
[OK]ボタンをクリックします。
メッセージウィンドウ

A列の幅のまま下のセルに分割されます。現在の列幅に収まるように割付されるということです。注意操作する前にアクティブセルの下のセルは空白にしおいたほうがいいです。上書きされていまいます。
文字列の分割

複数セルの文字列を列幅に合わせる

反対に分割されたセル[A1]とセル[A2]を選択して、2つのセルの文字が収まる幅に調整して[ホーム]タブの[編集]グループにある[フィル]から[文字の割付]をクリックすると、
2つのセルを選択

セル[A1]にまとめられます。列幅に収まるように割付られます。
1つのセルに統合

Wordの文書から多くの文字列を貼り付けた時などに便利かもしれませんね。

以下の記事でも解説しています。
文字の割付

関連Excel2007では、[両端揃え]になってたんですよ。

Excel2007の[両端揃え]は[文字の割付]

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

管理人一押しのテキストです。業務改善、時短のための一冊です。関数を学び直したい人はぜひ!

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

カラーパレッドに塗りつぶしの色を登録する

Office2010で、カラーパレッドにはない塗りつぶしの色をどのブックからでも使う方法です。 カラーパレットにない色をセルの塗りつぶしに使 ...

エラーの場合の値を指定する

Excel2007からの関数ですが、エラー値を表示せずにエラーの場合の値を指定することができる関数があります。 下の表は、E列で[販売単価] ...

条件付き書式のデータバーにマイナスの値も表示可能

Excel2010の条件付書式のデータバーでは、マイナスの値も表示可能になりました。 条件付き書式のデータバー まず[条件付き書式]のデータ ...

以前のワードアートを使うには

Word2010のワードアートは、これまでのワードアートとは変わりました。 入力した文字を選択して、ワードアートに変更したり、ワードアートの ...

ピボットテーブルのグループの下に空白行を入れる

ピボットテーブルの各グループの下に空白行を挿入すると、グループを目立たせることができます。 アイテムの後ろに空行を入れる [ピボットテーブル ...

-Windows7 & Office2010 Excel2010

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.