おすすめ記事

同じカテゴリー

イメージコントロールに外部の画像ファイルを表示



Accessのフォームに画像を表示する方法としては、テーブルのデータ型で[添付ファイル]を選択するのが一番簡単ですが、イメージのコントロールソースに画像のパスを指定して表示することもできます。
下は完成した帳票フォームです。
帳票フォーム

画像を準備します。
画像フォルダ

[T_商品一覧]のテーブルを作成します。下はのデザインビューです。[画像]フィールドのデータ型は[短いテキスト]です。
テーブルのデザインビュー

スポンサーリンク

[T_商品一覧]のテーブルです。[画像]フィールドには画像の名前を入力します。
テーブル

[T_商品一覧]を選択して、[作成]タブの[フォーム]グループにある[その他のフォーム]から[複数のアイテム]を選択してクリックします。
複数のアイテム

フォームは下のようになります。このままでは画像は表示されません。
フォームの作成

作成した帳票フォームをデザインビューで開いて、[デザイン]タブにある[イメージ]をクリックします。
イメージ

[詳細]フィールドで任意の大きさにドラッグします。このとき画像を挿入するための[図の挿入]ダイアログボックスが表示されますが、[キャンセル]をクリックして閉じます。

イメージコントロールのプロパティを表示します。
[データ]タブにある[コントロールソース]に
[="C:\Users\hama1\Pictures\access画像\" & [画像]]と入力します。
="画像の保存先のパス"&[画像]
コントロールソース

ビューを切り替えて確認します。写真が表示されています。
フォームビュー

[画像]テキストボックスはプロパティから[可視]を[いいえ]にしてレイアウトを調整すると、
可視をいいえに設定

下のようにフォームビューはスッキリしますね。
フォームの完成

添付ファイル型で表示するのも便利ですが、データベースのサイズを小さくしたい場合は、イメージコントロールにパスで表示させるようにした方がいいかもしれませんね。

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする