おすすめ記事

同じカテゴリー

アンカー(碇のマーク)って何?



Wordで作成した文章に画像や、テキストボックスを挿入すると、左余白に碇のマークが現れます。
この碇のマークのことを[アンカー]と呼びます。
このアンカーは、挿入した画像やテキストボックスがどの段落に結合されているかを教えてくれるもので、 最も近い段落に結合されます。

Wordの段落は、赤い点線内にある段落記号までが1つの段落です。
下の場合、一番目の段落に結合されています。
アンカー

画像を下へドラッグすると、アンカーも移動して、2番目の段落に結合されます。
画像をドラッグ

左余白で上から2番目の段落の位置でクリックすると、[こんにちは]の段落と画像が選択されます。
段落選択

スポンサーリンク

このまま[Delete]キーを押すと、画像も一緒に削除されてしまいます。
Deleteキー

もし、[こんにちは]の段落のみ削除したいのであれば、画像を他の段落に固定する必要があります。
画像を上へドラッグして、1番目の段落に結合します。
画像で右クリックして、ショートカットメニューから[図の書式設定]をクリックします。
図の書式設定

[図の書式設定]ダイアログボックスの[レイアウト]タブから[詳細設定]ボタンをクリックします。
レイアウトタブ

[レイアウト]ダイアログボックスにある[位置]タブの[アンカーを段落に固定する]のチェックボックスをオンにします。[OK]ボタンをクリックします。
位置タブ

アンカーの右上に鍵のマークが表示されます。1番目の段落に固定されています。
アンカー

そうすると、2番目の段落である[こんにちは]を選択して削除しても、画像が削除されることはありません。
文書


もし、アンカーが表示されていない場合は、[ホーム]タブの[段落]グループにある[編集記号の表示/非表示]ボタンをクリックしてオンにしてください。
編集記号の表示/非表示

また、[文字列の折り返し]が[行内]になっている場合は、アンカーは表示されません。
文字列の折り返し 行内

以下は、関連記事です。
改行しても図を定位置から移動させない(Word2010)
図形やテキストボックスを固定する(Word2013)

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする