おすすめ記事

同じカテゴリー

書き込みパスワードの設定



Office2010での書き込みパスワードの設定方法です。

ここではWord2010で解説しますが、Excel2010やPowerPoint2010も同じように設定することができます。
[F12]キーを押して[名前を付けて保存]ダイアログボックスを表示します。
[ツール]ボタンから[全般オプション]をクリックします。
名前を付けて保存
[全般オプション]ダイアログボックスが表示されます。
[書き込みパスワード]のテキストボックスに任意のパスワードを入力して、[OK]ボタンをクリックします。
※この[全般オプション]でも[読み取りパスワード]を設定することができます。
[読み取りパスワード]は、[パスワードを設定して暗号化]で解説していますが、
[ファイル]タブの[文書の保護]から設定しても同じです。
[読み取りパスワード]も[書き込みパスワード]も設定する場合は、[全般オプション]から設定したほうが早いですね。
全般オプション
[パスワードの確認]ウィンドウが表示されますので、同じパスワードを再度入力して[OK]ボタンをクリックします。
そして、[保存]ボタンをクリックしてファイルを保存します。
パスワードの確認

スポンサーリンク

[書き込みパスワード]を設定したファイルを開くと、[パスワード]ウィンドウが表示されます
正しいパスワードを入力して[OK]ボタンをクリックします。
パスワードの入力
書き込みパスワードを解除する方法です。
書き込みパスワードを設定した時と同じように[F12]キーを押して、[名前を付けて保存]ダイアログボックスを表示します。
[ツール]ボタンから[全般オプション]をクリックします。
[全般オプション]の[書き込みパスワード]を削除して、[OK]ボタンをクリックします。そして保存します。
全般オプション
Excelも同じように[名前を付けて保存]ダイアログボックスの[ツール]ボタンから[全般オプション]をクリックします。
[全般オプション]は下のようになっています。
Excel全般オプション
下はPowerPointの全般オプションです。
PowerPoint全般オプション
関連ページです。
パスワードを使用して暗号化
読み取り専用を推奨
開くとき読み取り専用を推奨する
読み取り専用の設定

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする