おすすめ記事

同じカテゴリー

複数項目を[または]でデータ抽出



下のようなデータあって、この中から[担当者]が[山田]または、[売上額]が[100000]より大きいデータを抽出する方法です。※1行に1つのデータ入力されていて、見出しがある表です。
データ

同じシートでも別のシートでも構いません。
ここでは、データとは別シートの[抽出リスト]シートを選択します。
抽出したいデータの項目名と同じ項目名を入力します。
そして、抽出条件を行ごとに入力します。
同じ行に入力すると[AND]条件になってしまいますので気を付けてください。
これで準備はできました。
抽出条件

[データ]シートに戻って、[データ]タブの[並べ替えとフィルター]グループにある[詳細設定]をクリックします。
詳細設定ボタン

スポンサーリンク

[フィルターオプションの設定]ダイアログボックスが表示されます。
データ内のセルをクリックして、[詳細設定]ボタンをクリックすると、自動的にリスト範囲が選択されます。
リスト範囲が間違っていないか確認します。
[検索条件範囲]の右側にあるダイアログボックスの拡大/縮小ボタンをクリックします。
検索条件範囲の設定

[抽出リスト]シートのセルA1からセルB3まで範囲選択します。
必ず項目名を含めた範囲を選択します。再度、ダイアログボックスの拡大縮小ボタンをクリックします。
範囲設定

[フィルターオプションの設定]は下のようになります。シートはそのままで[OK]ボタンをクリックします。
フィルターオプションの設定]ダイアログボックス

[データ]シートのデータが抽出条件のとおりに抽出されます。
抽出結果

フィルタを解除する場合は、[データ]タブの[並べ替えとフィルター]グループにある[クリア]ボタンをクリックします。
クリアボタン


もし、データシート内の別の場所に抽出データを表示したいのであれば、[フィルターオプションの設定]ダイアログボックスで、[抽出先]を[指定した範囲]を選択します。
[選択範囲内]を選択していた時は無効だった[抽出範囲]が有効になります。
[抽出範囲]のダイアログボックスの拡大/縮小ボタンをクリックして、開始セルを指定します。
ここでは、セルF1を選択しています。[OK]ボタンをクリックします。
抽出先

[データ]シートのセルF1から、抽出データを表示することができます。
抽出結果

抽出データをどこに表示するかは、ケースバイケースで判断してください。
[フィルターオプションの設定]は、いろいろな抽出条件を設定できて便利な機能です。
表を作成すると、大抵の方は[フィルター]は設定されるのですが、[フィルターオプションの設定]を使いこなしている方は少ないようです。

以下、関連ページです。Excel2003や2007でも同じ操作です。
複数の条件に合うものを抽出する方法
フィルタオプションの設定
フィルタオプションで文字列を含まない条件の複数指定
フィルタオプションの設定で抽出できない

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする