お勧め記事と広告

差し込み印刷によるラベルの作成



Excelで、下のような住所録を作成して、[書類]フォルダに保存します。
住所録
Wordを起動して、[ファイル]から[テンプレートから新規作成]をクリックします。
ファイルメニュー
[Word文書ギャラリー]が表示されますので、左側のメニューから[ラベル]をクリックします。
[ラベルの作成ウィザード]が表示されますので、選択して右下にある[選択]ボタンをクリックします。
ラベル

スポンサーリンク

[ラベルの作成]からラベルの[オプション]ボタンをクリックします。
オプション
ここでは、ラベル製品名から[コクヨ]、[製品番号]から[kokuyo2160-ラベル]を選択します。
[OK]ボタンをクリックします。
ラベルオプション
ラベルの作成の左下にある[差し込み印刷]ボタンをクリックします。
差し込み印刷
[差し込み印刷マネージャー]が表示されますので、[2.宛先リストの選択]をクリックします。
宛先リストの選択
[2.宛先リストの選択]から[データ文書を開く]をクリックします。
データ文書を開く
[ファイルの選択]から[書類]フォルダにある[住所録.xlsx]をクリックして、右下にある[開く]ボタンをクリックします。
住所録の選択
[ブックを開く]から[変換するシート]のシート名などを確認して[OK]ボタンをクリックします。
ブックを開く
[ラベルの作成]にある[差し込みフィールドの挿入]のボタンをクリックして、
ラベルに挿入したい項目をレイアウトします。
ラベルの作成
レイアウトが完了したら、[OK]ボタンをクリックします。
ラベルの作成
下のように文書に表示されます。
[差し込み印刷マネージャー]の[5.結果のプレビュー]をクリックします。
差し込み印刷マネージャー 結果のプレビュー
一番左にある[差し込んだデータの表示]ボタンをクリックします。
差し込み印刷マネージャー 差し込んだデータの表示
データが差し込まれます。
データの差し込み
[差し込み印刷マネージャー]の[6.差し込みの完了]をクリックして、
一番左にある[プリンターに差し込み]ボタンをクリックします。
右隣にある[新規文書に差し込む]ボタンをクリックすると、文書として保存することもできます。
差し込み印刷マネージャー 新規文書に差し込む
プリントの設定画面が表示されますので、[プリント]ボタンをクリックして印刷を開始します。
プリント
動画でも解説しています。宛名ラベル作成

トラブルをすぐに解決したいならteratail

お勧め記事と広告

シェアする