おすすめ記事

同じカテゴリー

オートフォーマット



Excelには簡単に表に書式を設定できる機能があります。
下の表にオートフォーマットを使って 書式を設定します。
表


表内のセルをどこでもいいですから クリックします。
メニューバーの[書式]から[オートフォーマット]をクリックします。
書式メニュー


[オートフォーマット]ダイアログボックスが表示されます。
サンプルの中から、好みの表の上でクリックしてを選択します。
[OK]ボタンを押します。
オートフォーマット


あっという間にできました。
表に書式設定

スポンサーリンク

いろいろ試してみてくださいね。


注意)表に隣接しているデータがある場合、そのデータまで表とみなされてしまいますので、
その場合は あらかじめ表を範囲選択してから行ってくださいね。
表に隣接したセル表の範囲選択


また、[オプション]ボタンをクリックすると より細かい設定ができます。
[オプション]ボタンをクリックします。設定する書式の一覧が表示されます。
たとえば 元の表の[幅と高さ]はそのままにしておきたければ、[幅と高さ]のチェックを外して[OK]ボタンをクリックします。
オートフォーマット


オートフォーマットの解除は ダイアログボックスのサンプルの一覧から[書式削除]をクリックして[OK]ボタンをクリックします。
一番下にあります。
ただ、オートフォーマットの書式削除では、設定する前の書式も削除されますので気をつけてくださいね。
初めに書式を設定していて、その書式に戻りたい場合は 標準ツールバーの[元に戻す]ボタンで戻ったほうがいいですね。
書式削除

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする