Google検索

リンクユニット

Windows7 & Office2010 Excel2010

文字列を指定した回数繰り返すREPT関数

投稿日:2017年1月9日 更新日:

下の表のように点数を星の数で表すと見やすくなりますね。

これは、関数を使うと簡単に作成することができます。

表

REPT関数

セル[C3]に[=REPT("★",B3)]と入力します。

あとは、オートフィルで数式をコピーします。

REPT関数

[関数の引数]ダイアログボックスには、以下のように記されています。

文字列を指定された回数だけ繰り返して表示します。

この関数を使用して、セル幅全体に文字列を表示することができます。

文字列には繰り返す文字列を指定します。

フォントの色を変更

★のセルを選択してフォントの色を赤にすると下のようになります。

いろいろ工夫してみてください。

★を赤くした表

下位バージョンのエクセルでもできますので、ぜひお試しください。

参考以下の記事は、応用編です。

縦棒を繰り返して棒グラフのように見せる

縦棒を繰り返して棒グラフのように見せることができます。 文字列を指定した回数繰り返す関数と同じ方法で、REPT関数を使用します。 上記Web ...

続きを見る

ピラミッド型グラフを関数で作成

人口ピラミッドを関数を使って、下のようにグラフのように見せる方法です。 使用するREPT関数は、文字列を指定した回数繰り返す関数、縦棒を繰り ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

推奨管理人一押しのテキストです。業務改善、時短のための一冊です。関数が分かるとExcelが楽しくなります。

【無料】できるExcel 2016 新機能ガイド|ダウンロード版

-Windows7 & Office2010 Excel2010

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.