おすすめ記事

同じカテゴリー

リンク貼り付け



Excelの表をWordに貼りつけて、
Excelのデータが変更されても Wordの表も自動的に変更出来るように設定してみましょう。

Excelの元データとなるシートとWordの文書(データを貼り付けたいファイル)を表示させておきます。

Excelのシートから、貼り付けたい表を選択します。
標準ツールバーの[コピー]ボタンをクリックします。
コピーボタン
Wordの文書をアクティブにします。

ExcelとWordの切り替えは、タスクバーから切り替えます。
あるいは、WordとExcelを左右に並べておくのもいいですね。方法は並べて表示を参考にしてください。


Excelデータを貼り付けたい位置でクリックします。カーソルの位置は大事ですよ〜。

メニューバーの[編集]から[形式を選択して貼り付け]をクリックします。
編集メニュー
[形式を選択して貼り付け]ダイアログボックスが表示されます。
[貼り付ける形式]から[Microsoft Excel ワークシートオブジェクト]を選択します。
左側の[リンク貼り付け]にチェックを入れます。
[OK]ボタンをクリックします。
形式を選択して貼り付け

スポンサーリンク

下のようにExcelのデータが貼り付けできました。
Excelの元データを変更すると、Wordのデータも変更されますよ。やってみてくださいね。

また、他のアプリケーション間(WordからExcelへ、ExcelからPowerPointへなど)でも リンク貼り付けができます。
リンク貼り付け


また、リンクの設定は必要に応じて変更することができます。
メニューバーの[編集]から[リンクの設定]をクリックします。
編集メニュー リンクの設定
[リンクの設定]ダイアログボックスが表示されます。
右側のボタンや、[選択したリンクの更新方法]から切り替えることができます。
リンクの設定ダイアログボックス


また、WordにExcelのワークシートを挿入する方法もあります。
BlogのExcelのワークシートを挿入するで紹介しています。

Excelのリンク貼り付けは、Blogのリンク貼り付けを参照してください。

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする