おすすめ記事

同じカテゴリー

古いアイテムの整理



古いアイテムの整理を行うと、アイテムは元の場所から保存フォルダーに移動されます。
古いアイテムの整理は既定で有効になっていて、古いアイテムの整理が初めて実行されたときに、既定の場所に自動的に作成されますが、その設定のほとんどはカスタマイズすることができます。
古いアイテムの機能を利用すると、メールボックスやメールサーバー領域管理に役立ちます。

[古いアイテムの整理]ダイアログボックスを表示してみましょう。
[ファイル]タブから[オプション]をクリックします。
ファイルタブ

[Outlookのオプション]から[詳細設定]をクリック。
[古いアイテムの整理]にある[自動整理の設定]ボタンをクリックします。
Outlookのオプション

[古いアイテムの整理]ダイアログボックスが表示されます。
この各項目の設定については、Microsoftのサイトに詳細に記されていますので、ぜひご参照ください。
古いアイテムの整理の設定について
古いアイテムの整理


また、各フォルダーに対して個別に設定することもできます。
変更したいフォルダーで右クリックして、ショートカットメニューから[プロパティ]をクリックします。
ショートカットメニュー

スポンサーリンク

[古いアイテムの整理]タブをクリックして設定します。
プロパティ


特定の日付より古いメールをすぐに整理したい場合は以下の方法で行うことができます。

[ファイル]タブから[情報]をクリックします。
[クリーンアップツール]の[古いアイテムの整理]をクリックします。
情報

[このフォルダーとすべてのサブフォルダーのアイテムを整理する]を選択します。
[以下の日付より古いアイテムを対象とする]の▼ボタンをクリックするとカレンダーが表示されますので、日付を選択して[OK]ボタンをクリックして実行します。
古いアイテムの整理

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする