おすすめ記事

同じカテゴリー

Excelの住所録を連絡先にインポートする



Excelで住所録を作成しているのであれば、その住所録データをOutlookにインポートすることができます。この機能は、Outlook2003や2007にもあります。

まず、Excelの住所録を開き、リストの範囲に名前を付けます。リスト範囲を選択して、名前ボックスに任意の名前を付けて[Enter]キーを2回押します。
これで名前の定義が完了です。Excelの住所録は、ファイルの種類から[Excel97-2003ブック]を選択して保存します。
Excel住所録

Outlookを起動して、連絡先を表示します。[連絡先]を選択して、[フォルダー]タブから[新しいフォルダー]をクリックします。
新しいフォルダー

Excel住所録をインポートするための連絡先フォルダーを作成します。
[連絡先]を選択して[名前]のテキストボックスに任意の名前をつけます。ここで[連絡先]を選択すると、そのサブフォルダーとして新しいフォルダーが作成されます。
新しいフォルダーの作成

スポンサーリンク

フォルダー一覧をクリックして、連絡先に新しいフォルダーが作成されたことを確認します。フォルダーの階層を確認するには、[フォルダー一覧]をクリックすると分かりやすいです。
フォルダー一覧

[ファイル]タブの[開く]から[インポート]をクリックします。
ファイルタブのインポート

[インポート/エクスポート ウィザード]から、[他のプログラムまたはファイルからインポート]を選択して、[次へ]のボタンをクリックします。
インポートウィザード

[ファイルのインポート]から、[Microsoft Excel 97-2003]を選択して、[次へ]のボタンをクリックします。
ファイルのインポート Excel選択

[参照]ボタンをクリックして、Excelの住所録を指定します。[次へ]ボタンをクリックします。
ファイルのインポート ファイルの選択

インポート先のフォルダーに準備したフォルダーを選択します。[次へ]のボタンをクリックします。
ファイルのインポート インポート先フォルダー選択

先ほど、Excelで名前の定義をしたときの名前が表示されると思います。[フィールドの一致]ボタンをクリックします。
ファイルのインポート 名前定義

インポート元からインポート先へ対応するフィールドをドラッグします。[OK]ボタンをクリックします。
※フィールド名が同じであれば、自動的に関連付けしますので、あらかじめインポート元のExcelのフィールド名をOutlookのフィールド名に合わせて変更しておくと便利です。
フィールドの一致

[ファイルのインポート]へ戻りますので、[完了]ボタンをクリックします。
ファイルのインポート 完了

インポートが開始されます。終了すると、下のようにExcelのデータがインポートされます。
連絡先

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする