おすすめ記事

同じカテゴリー

数式をセルに表示するには



数式をワークシートのセルに表示したいということはありますね。

数式のエラーを見つけたい、どこに数式が入っているのかわからない。。。などという時に知っておくと便利です。
[数式]タブの[ワークシート分析]グループにある[数式の表示]をクリックします。Excel2007も同じです。
数式タブ
下のように数式が入力されたセルには結果ではなく、数式がそのまま表示されます。
この状態でワークシートを印刷すると、数式がそのまま印刷されます。
再度、[数式の表示]をクリックすると、通常の表示に戻ります。
数式の表示
オプションから設定することもできます。
[ファイル]タブから[オプション]をクリックします。
[詳細設定]の[次のシートで作業するときの表示設定]にある[計算結果の代わりに数式をセルに表示する]の
チェックボックスをオンにします。
[数式]タブの[数式の表示]ボタンと連動します。
Excelのオプション

スポンサーリンク

ショートカットキーは、[Ctrl]+[Shift]+[`](アクサングラーブ)です。
[`]は、[@]のキーと同じです。
なので、[Ctrl]+[Shift]+[@]と覚えたほうがいいかもしれませんね。

Excel2003までは、[オプション]ダイアログボックスから設定しなければなからなかったので、
リボンから設定できるのは、便利ですね。
2003の頃からショートカットキーを使ってた人は、同じですけどね。

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする