おすすめ記事

同じカテゴリー

単語/用例登録



難しい単語や長い単語は登録しておくと便利ですね。


住所を登録してみましょう。Wordを起動させて、自分の住所を入力しましょう。
システム辞書の郵便番号辞書にチェックをいれていると、郵便番号を入力するだけで住所が表示されますよね。
◆これは便利だぞ!(顔文字他)・・・・わからない方は、ここを参考にしてくださいね。


入力が終わったら 住所の部分を範囲選択しましょう。
文字列選択


そして、IMEツールバーの[単語/用例登録]ボタンをクリックしましょう。
単語/用例登録


下のように 語句の箇所に住所が表示されていますね。
単語/用例の登録

スポンサーリンク

[読み]の部分を一回クリックして、中にカーソルを表示させ ひらがなで[ところ]と入力しましょう。
そして、左下の[登録]ボタンをクリックしましょう。
単語/用例の登録


下のようになります。
単語/用例の登録


[閉じる]ボタンをクリックして 閉じましょう。
単語/用例の登録


では、WordやExcelなどを起動させて [ところ]と入力してスペースキーを押して変換してみましょう。
文字列入力
表示されましたね。[Enter]キーを押して確定しましょう。


改行して もう一度、[ところ]と入力して変換してみましょう。
このとき スペースキーを2回押してみてください。
スペースキー2回
住所だけではなく [ところ]で変換できる文字もちゃんと選択できますね。


メールアドレスやURL、よく使うタグなども登録しておくと便利ですね。

[読み]の部分に使用できる文字は[ひらがな英数字記号]です。
単語/用例の登録


登録した単語を消す場合は、辞書ツールを表示させます。
単語/用例の登録
IME辞書ツール


辞書ツールは、IMEツールバーの[ツール]からも表示させることもできます。
辞書ツール
2003の画面については単語/用例の登録が参考になると思います。
また、単語登録したものを他のパソコンへ移したい場合は、Blogの単語登録したものを他のPCへ移したいを参照してください。
言語バーに[単語/用例登録]ボタンを常に表示させておくこともできます。
Blogの言語バーのボタンを参照してください。
語句に登録できる文字数は60文字です。
IME 2003 および IME 2002 のユーザー辞書の仕様
Word2007では、[校閲]タブから単語登録ができるようになりました。
校閲タブから単語の登録

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする