Google検索

Windows7 & Office2010 PowerPoint2010

スライドの文字をSmartArtグラフィックに変換

投稿日:2017年1月7日 更新日:

PowerPoint独自の機能です。

WordやExcelでは、SmartArtを挿入して文字列入力しますが、PowerPointではプレースホルダーやテキストボックス、ワードアート、図形に入力した文字列をボタン一つでSmartArtに変換することができます。

以下は、Word2010とWord2016での解説です。

SmartArt(スマートアート)で情報を視覚的に

SmartArt(スマートアート)は、情報を視覚的に表現できる便利なツールです。各種資料の説明図などの作成に重宝します。 SmartArtグ ...

続きを見る

画像を挿入できるSmartArt(スマートアート)グラフィック

SmartArtグラフィックとは、図形や矢印、画像などを組み合わせて、情報の相互関係を視覚的にわかりやすく表示できるOffice共通の機能で ...

続きを見る

箇条書きの選択

スライドの箇条書きを選択します。

SmartArtを活用するのは、箇条書きの場合が多いとは思いますが、SmartArtに変換の機能は、箇条書きだけに限らずテキスト文字であれば、SmartArtに変換することができます。

知らないと損をするPowerPointの文字入力4つの方法

PowerPointで文字を入力するには、以下の4つの方法があります。 プレースホルダーを使って入力 テキストボックスを使って入力 ワードア ...

続きを見る

箇条書きスライド

Smartartに変換

ホーム]タブの[段落]グループにある[Smartartに変換]をクリックします。

以下は、[SmartArtに変換]ボタンをポイントしたときのポップヒントです。

SmartArtグラフィックに変換

テキストをSmartArtグラフィックに変換して、情報を視覚的に表現します。

グラフィカルなリストや手順図から、ベン図や組織図などの複雑なグラフまで、さまざまなSmartArtグラフィックが用意されています。

SmartArtグラフィックに変換のポップヒント

クリックするとSmartArtの一覧が表示されます。

SmartArtに変換

マウスでポイントする(マウスを合わせる)だけで、結果を確認することができます。

参考一覧の選択肢をポイントして、設定後の結果を確認できる機能を[リアルタイムプレビュー]といいます。

設定前に結果を確認できるため、繰り返し設定しなおす手間を省くことができます。クリックで確定になります。

SmartArtの基本ベン図

参考[SmartArtに変換]のメニューは、箇条書き内にカーソルを置いて右クリックしたときのショートカットメニューの中にもあります。カーソルが表示されている状態で右クリックします。

PowerPoint2007では、右クリックのメニューからはリアルタイムプレビューの機能はありませんでしたが、PowerPoint2010では、右クリックのメニューでもリアルタイムプレビューで確認することができます。

右クリックのショートカットメニュー SmartArtに変換

SmartArtのスタイルの設定

色の変更や、SmartArtのスタイルを設定すると、インパクトのあるグラフィックに変身させることができます。

SmartArtにスタイルを設定

グラフィックのリセット

SmartArtに変換して書式設定したものは、書式をリセットすることができます。SmartArtを選択して[デザイン]タブにある[グラフィックのリセット]ボタンをクリックします。

ポップヒントには以下のように記されています。

グラフィックスのリセット

SmartArtグラフィックに対する書式変更をすべて取り消します。

グラフィックスのリセット

右クリックのショートカットメニューの中にもあります。

SmartArtを図形またはテキストに変換

SmartArtは、テキストや図形に変換することができます。テキストから変換したSmartArtでも変換することができます。

ポップヒントには以下のように記されています。

SmartArtを図形またはテキストに変換

SmartArtグラフィックを図形に変換して、図形を個別に移動、サイズ変更、または削除できるようにします。

SmartArtグラフィックをテキストに変換して、すべての図形を削除し、テキストから箇条書きリストを作成します。

SmartArtを図形またはテキストに変換のポップヒント

SmartArtグラフィックスを選択して、[デザイン]タブの[リセット]グループにある[変換]ボタンをクリックします。

以下の2つのコマンドが表示されます。

  • テキストに変換
  • 図形に変換

[デザイン]タブの[リセット]グループにある[変換]ボタン

テキストに変換

[テキストに変換]をクリックしてみます。

SmartArtをテキストに変換

箇条書きに変換されます。コンテンツプレースホルダーから変換したものは、プレースホルダーの箇条書きに、テキストボックスやワードアート、図形から変換したものはテキストボックスの箇条書きになります。

テキストに変換後

図形に変換

[図形に変換]をクリックしてみます。

SmartArtを図形に変換

下のように図形になります。この図形は、グループ化されています。

変換した図

グループ化を解除するには、図形を選択して[書式]タブの[配置]グループにある[グループ化]から[グループ解除]をクリックします。

グループ解除

下のようにグループ化が解除されて、個々のオブジェクトになります。

グループ化が解除された図

右クリックのショートカットメニューから[図として保存]も

SmartArtグラフィックで右クリックすると、ショートカットメニューの中に上記で説明した[グラフィックにリセット]、[テキストに変換]、[図形に変換]のメニューがあります。

右クリックのショートカットメニュー

図として保存

また、ショートカットメニューを見て分かるように、作成したSmartArtグラフィックは、[図として保存]することができます。

図として保存

クリックすると[図として保存]ダイアログボックスが表示されます。保存できるファイル形式は以下の7種類です。

GIF、JPG、PNG、TIF、BMP、WMF、EMF

[図として保存]ダイアログボックス

参考PowerPoint2007でも解説しています。

テキストをSmartArtグラフィックに変換

関連SmartArtにアニメーションを設定することもできます。

SmartArtにアニメーションを設定する(全体に/個別の図形に)

SmartArtは、情報を視覚的に表現することができます。 SmartArtは、図形で構成されているので、図形全体に、あるいは個別の図形にア ...

続きを見る

PowerPoint 2016 for Macでも解説しています。

Mac版もPowerPointのみテキストをSmartArtに変換することができます。

SmartArtグラフィックの挿入とデザインの変更

SmartArtを使うと簡単に情報を図解することができます。SmartArtグラフィックには、豊富なレイアウトがあり簡単にハイセンスな図表を ...

続きを見る

Profile

執筆者/はま

おすすめ記事と広告

-Windows7 & Office2010 PowerPoint2010

Copyright © 2001-2019 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.