Google検索

リンクユニット

Windows7 & Office2010 PowerPoint2010

箇条書きをSmartArtに変換

投稿日:2017年1月7日 更新日:

PowerPoint独自の機能です。

WordやExcelでは、SmartArtを挿入して入力しますが、 PowerPointではプレースホルダやテキストボックスの箇条書きをボタン一つでSmartArtに変換することができます。

箇条書きの選択

スライドの箇条書きを選択します。

箇条書きスライド

Smartartに変換

ホーム]タブの[段落]グループにある[Smartartに変換]をクリックします。

SmartArtに変換

マウスでポイントする(マウスを合わせる)だけで、結果を確認することができます。

参考一覧の選択肢をポイントして、設定後の結果を確認できる機能を[リアルタイムプレビュー]といいます。

設定前に結果を確認できるため、繰り返し設定しなおす手間を省くことができます。

基本ベン図

参考[SmartArtに変換]のメニューは、箇条書き内にカーソルを置いて右クリックしたときのショートカットメニューの中にもあります。

右クリックのショートカットメニュー SmartArtに変換

SmartArtのスタイルの設定

色の変更や、SmartArtのスタイルを設定すると、インパクトのあるグラフィックに変身させることができます。

スライド

関連SmartArtに関する記事です。

画像を挿入できるSmartArtグラフィック

SmartArtグラフィックとは、図形や矢印、画像などを組み合わせて、情報の相互関係を視覚的にわかりやすく表示できるOffice共通の機能で ...

続きを見る

SmartArtにアニメーションを設定する(全体に/個別の図形に)

SmartArtは、情報を視覚的に表現することができます。 SmartArtは、図形で構成されているので、図形全体に、あるいは個別の図形にア ...

続きを見る

PowerPoint 2016 for Macでも解説しています。

Mac版もPowerPointのみ箇条書きをSmartArtに変換することができます。

SmartArtグラフィックの挿入とデザインの変更

SmartArtを使うと簡単に情報を図解することができます。SmartArtグラフィックには、豊富なレイアウトがあり簡単にハイセンスな図表を ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

-Windows7 & Office2010 PowerPoint2010

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.