リンクユニット

Google検索

Windows7 & Office2010 PowerPoint2010

【Shift】キーを押した時のステータスバーの表示選択ボタン

投稿日:2017年1月7日 更新日:

PowerPoint2010を起動したときの画面右下に表示される[表示選択ボタン]は、[Shift]キーを押しながらクリックすると表示モードが変わります。

画面右下(ステータスバー)の表示モード

左から[標準]、[スライド一覧]、[閲覧表示]、[スライドショー]という順番で並んでいます。

ステータスバーの表示モード

閲覧表示]については、以下の記事で解説しています。

PowerPoint2010からの新機能です。

閲覧表示でウィンドウ内スライドショー

PowerPoint2010から、閲覧表示でスライドショーを実行して確認できるようになりました。 [表示]タブの[閲覧表示] [表示]タブの ...

続きを見る

[Shift]キー押してクリックした時の表示モード

この表示選択ボタンを、[Shift]キーを押したままクリックすると、下のように表示モードが切り替わります。

[スライドマスタ表示]、[配布資料マスタ表示]、[スライドショーの設定]になります。

Shiftキーを押した表示選択ボタン

ちょっと知っておくと便利ですね。

以下のように変わります。

標準 スライドマスター表示
スライド一覧 配布資料マスター表示
閲覧表示 スライドショーの設定
スライドショー スライドショーの設定

[表示]タブからの[表示モード]の切り替え

もちろん、表示タブから切り替えることもできます。

表示タブ

起動時の表示モードを変更するには

PowerPointのオプションから、起動時の表示モードを変更することができます。

[ファイル]タブをクリックして[オプション]をクリックします。[PowerPointのオプション]ダイアログボックスが表示されます。

[詳細設定]タブの[表示]にある[この表示ですべてのドキュメントを開く]から選択します。

以下の10個の選択肢があります。

  • ファイルに保存された表示
  • 標準表示モード(アウトライン、ノート、スライド)
  • 標準表示モード(サムネイル、ノート、スライド)
  • 標準表示モード(アウトライン、スライド)
  • 標準表示モード(サムネイル、スライド)
  • 標準表示モード(ノート、スライド)
  • 標準表示モード(スライド)
  • アウトライン表示モード
  • スライド一覧表示モード
  • ノートモード

既定は[ファイルに保存された表示]です。すべてのプレゼンテーションに反映されます。

PowerPointのオプション

以下の記事でも解説しています。

常にアウトライン表示で起動するには

また、1つのプレゼンテーションでも複数のウィンドウに異なる表示モードを並べることもできます。

複数のプレゼンテーションを並べて表示(閲覧表示と標準表示も)

開いているプレゼンテーションを並べて表示することができます。1つのプレゼンテーションでも複数のウィンドウに表示することができます。 並べて表 ...

続きを見る

関連[表示選択ボタン]を[Shift]キーを押しながらクリックすると表示モードが変わるというのは、PowerPoint2003でも解説しています。

画面表示モードの切替ボタンは【Shift】キーを使うと異なる切替に

PowerPointのウィンドウの左下には、[画面表示モードの切り替えボタン]があります。 画面表示モードの切り替えボタン マウスでポイント ...

続きを見る

以下は、PowerPoint2016での解説です。

表示モードの切り替えはステータスバーから

PowerPointのプレゼンテーションの表示は、[標準]、[アウトライン表示]、[スライド一覧]、[ノート]、[閲覧表示]という5個の表示 ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

-Windows7 & Office2010 PowerPoint2010

Copyright © 2001-2019 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.