リンクユニット

Windows7 & Office2010 Office2010

ヘルプの活用(ショートカットキー)

投稿日:2017年1月7日 更新日:

文書作成時に、頻繁に操作すること機能は、ショートカットキーを覚えると便利です。

ショートカットキーは、[ヘルプ]から確認することができます。以下は、Excel2010での解説ですが、ほかのアプリケーションも同じです。

ヘルプの表示

ウィンドウの右上にある[ヘルプ]ボタンをクリックします。または、キーボードから[F1]キーを押します。
ヘルプボタン

[Excelのヘルプ]ウィンドウが表示されます。
ヘルプウィンドウ

検索

検索ボックスに[ショートカットキー]と入力して、[Enter]キーを押します。または、[検索]ボタンをクリックします。
検索ボックス

ショーカットキーについての解説や一覧などが表示されます。
[ヘルプ]も[ショートカットキー]も有効に活用したいですね。
ヘルプウィンドウ

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

Office2010のスマートアート

Office2010では、スマートアートの種類が増えました。 Office2007では115個 Office2010では185個 [挿入]タ ...

ファイルのプロパティ情報を削除する

ファイルのプロパティの情報を削除する方法がWindows7から、ちょっと便利になってます。 プロパティの表示 ファイルを右クリックして、ショ ...

変更履歴テーブルの作成

追加クエリを使用して、テーブルに変更履歴を残す方法です。 [T_売上]テーブルは、下のようになっています。[ID]が主キーとなっています。 ...

セクションの追加

PowerPoint2010では、[セクション]という機能が追加されました。 [セクション]とは、ひとつのまとまりのことです。Wordでもあ ...

ワークシートをスッキリ見せるには

Excelでプレゼンする場合、枠線や行列番号、リボンなどを非表示にすると見やすくなります。 通常は、下の画像のようになっています。 [枠線] ...

-Windows7 & Office2010 Office2010

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.