Windows7 & Office2010 Excel2010

Print Friendly

スライサー

投稿日:2017年1月9日 更新日:

スライサーとは、ピボットテーブルとピボットグラフの絞り込み機能です。

YouTubeの音声はありません。

挿入タブのスライサーとは、ピボットのフィルター機能のことです。条件がわかりやすく変更もワンクリックです。必要なデータを素早く動的に集計したり絞り込みしたりすることができます。
PowerPivot for Excelアドインを利用すると膨大なデータセットの迅速処理が可能になります。

PowerPivot

Excel2010には、PowerPivotというアドインを組み込むことができます。 Excel2013にはアドインがインストールされていま ...

続きを見る

スライサーでは複数のピボットテーブル、ピボットグラフでフィルタ条件を同時に適用できます。

スポンサーリンク

また、複数のスライサーを接続することもできます。
ピボットテーブルを選択して、[オプション]タブの[並べ替えとフィルター]グループにある[スライサー]から[スライサーの接続]をクリックします。
スライサーの接続

作成したスライサーの一覧が表示されますので、連動したいスライサーのチェックボックスをオンにします。
スライサー接続

お勧め記事と広告

関連記事

印刷設定

[ファイル]タブをクリックしてBackstageビューを表示します。左のメニューから[印刷]をクリックします。 右側に印刷プレビューが表示さ ...

同期センターのオフラインファイルを無効にする

Windows7には、同期センターというのがあります。Vistaからの機能のようです。 この機能がトラブルの原因になることもあるのでご注意く ...

リボンの最小化

Office2010では、[リボンの最小化]ボタンが追加されました。 以下はExcel2010ベータ版の画像です。 ポップヒントの内容が変わ ...

Internet Explorer9 RC版のアンインストール

Internet Explorer9 RC版は、アンインストールすることができます。 まず、Internet Explorer9 を起動させ ...

開発タブの表示

Office2010から[開発]タブを表示する方法が変わりました。 Office2007の場合はオプションの[基本設定]に、[[開発]タブを ...

-Windows7 & Office2010 Excel2010

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.