Windows7 & Office2010 Excel2010

スライサー

投稿日:

スライサーとは、ピボットテーブルとピボットグラフの絞り込み機能です。

YouTubeの音声はありません。


挿入タブのスライサーとは、ピボットのフィルター機能のことです。条件がわかりやすく変更もワンクリックです。必要なデータを素早く動的に集計したり絞り込みしたりすることができます。
PowerPivot for Excelアドインを利用すると膨大なデータセットの迅速処理が可能になります。

スライサーでは複数のピボットテーブル、ピボットグラフでフィルタ条件を同時に適用できます。

スポンサーリンク

また、複数のスライサーを接続することもできます。
ピボットテーブルを選択して、[オプション]タブの[並べ替えとフィルター]グループにある[スライサー]から[スライサーの接続]をクリックします。
スライサーの接続
作成したスライサーの一覧が表示されますので、連動したいスライサーのチェックボックスをオンにします。
スライサー接続

トラブルをすぐに解決したいならteratail

お勧め記事と広告

関連記事

チェックでテキストボックスを使用不可にする

Accessのフォームでチェックボックスをオンにすると、指定したコントロールを使用不可にする方法です。 まず、フォームをデザインビューで開い ...

オートシェイプから図形へ

Word2007では、図形を挿入しても 書式設定ダイアログボックスは[オートシェイプの書式設定]でした。 ※Excel2007、PowerP ...

オブジェクトの選択ボタンのドラッグ操作は描画キャンバス内で有効

Word2010では、オブジェクトの選択ボタンで図形を囲むようにドラッグしても、これまでのように複数の図形を一気に選択することができません。 ...

貼り付けのオプション

リアルタイムプレビューで貼り付けを実行する前に確認することができます。貼り付けミスがなくなりますね。 Excel2010でコピー後、[ホーム ...

ナビゲーションフォーム

これはすごい!便利です! ただし、accdbの拡張子でなければ、使用できないようですが。 作成したフォームやレポートをクリックひとつで切り替 ...

-Windows7 & Office2010 Excel2010

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.