Google検索

Windows7 & Office2010 Excel2010

スライサー(ピボットテーブルとピボットグラフの絞り込み)

投稿日:2017年1月9日 更新日:

スライサーとは、ピボットテーブルとピボットグラフの絞り込み機能です。

スライサーでは複数のピボットテーブル、ピボットグラフでフィルター条件を同時に適用できます。

スライサーの表示と操作

[挿入]タブのスライサーとは、ピボットテーブルのフィルター機能のことです。

条件がわかりやすく変更もワンクリックです。フィルター条件を可視化することができます。

必要なデータを素早く動的に集計したり絞り込みしたりすることができます。

YouTubeの音声はありません。

PowerPivot for Excelアドインを利用すると膨大なデータセットの迅速処理が可能になります。

PowerPivotのインストールとデータのインポート

Excel2010には、PowerPivotというアドインを組み込むことができます。 Excel2013にはアドインがインストールされていま ...

続きを見る

スライサーが表示されない

スライサーが表示されない場合は、[Excelのオプション]にある[詳細設定]で[オブジェクトの表示]で[なし(オブジェクトを表示しない)]が選択されていないかを確認してください。

[オブジェクトの表示]で[すべて]を選択すると表示されます。再起動の必要はありません。

Excelのオプション オブジェクトの表示

スライサーの表示設定についは、以下のページで記しています。

スライサーの表示設定

スライサーの接続

複数のスライサーを接続することもできます。

ピボットテーブルを選択して、[オプション]タブの[並べ替えとフィルター]グループにある[スライサー]から[スライサーの接続]をクリックします。

スライサーの接続

作成したスライサーの一覧が表示されますので、連動したいスライサーのチェックボックスをオンにして、[OK]ボタンをクリックします。

スライサー接続

参考Excel2013以降は、タイムラインという機能もあります。

ピボットテーブルに日付フィールドがあると、タイムラインの挿入を利用して、バーで期間を指定してデータを動的に表示することができます。

ピボットテーブルの【タイムライン】で日付のフィルター処理を行う

Excel2013のピボットテーブルの新機能です。 ピボットテーブルに日付フィールドがある場合、タイムラインで期間を指定してデータを動的に表 ...

続きを見る

また、Excel2013以降テーブルでもスライサーが使用できるようになっています。

テーブルでもスライサーの挿入ができる(フィルター処理を視覚的に)

Excel2013では、テーブルでも[スライサー]が使用できるようになりました。 以下のようなスライサーを使った絞り込みを行うことができます ...

続きを見る

テーブルの便利機能(テーブルに変換して効率アップ)

Excelのテーブルはとても便利なものです。 通常の表をテーブルに変換することによって、データベースとしての機能が自動的に設定され、管理や分 ...

続きを見る

Profile

執筆者/はま

おすすめ記事と広告

-Windows7 & Office2010 Excel2010

Copyright © 2001-2019 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.