同じカテゴリーの記事MENU

言語バーについて

スポンサーリンク

IMEツールバーとも呼ばれています。
時々 移動させたいなと思ったことはないですか?


言語バー
言語バーの左端にマウスを当てると 上のようになるときがあります。
そのときに ドラッグしてください。
自由に移動できます。


右上の[最小]ボタンをクリックすると タスクバーの中にはいります。
言語バー
タスクバー


[復元]ボタンをクリックすると また 元のように表示されます。
言語バー
たまに この復元ボタンが見えなくなっている事があります。
そのときは 言語バーの上で右クリックしてください。
[言語バーの復元]というメニューが表示されると思います。
それをクリックすると また タスクバーから出てきます。

言語バーって 生きもののように長くなったり短くなったりしますね。(^.^)
言語バーの復元


WindowsXPでは、時々言語バーが画面から消えてしまうことがあるようです。
そういうときは タスクバーを右クリックして[ツールバー]→[言語バー]をクリックしてください。
タスクバーに表示されるようになります。
タスクバー

また タスクバーから出したい場合は [復元ボタン]をクリックするか、
右クリックのメニューの中から、[言語バーの復元]をクリックしてください。上を参照してくださいね。

もし、[ツールバー]の中に[言語バー]のメニューがなかった場合は、ここを参照してください。


オプションボタンをクリックしてみましょう。
言語バー
単語登録
単語登録ボタン


また、透明にしたり、縦置きに設定することもできます。

言語バーで右クリックします。ショートカットメニューの中から、[透明化]をクリックします。
IMEツールバー 透明化言語バー 透明

[縦置き]をクリックします。
メニュー縦置き
[テキストラベル]を選択します。
言語バー テキストラベル

こんなに長くなるんです(^.^)
テキストラベル表示の言語バー

また初期設定に戻す場合は、チェックした箇所を再度クリックしてチェックを外してください。
チェックマークがついてる場合は、その設定が有効になっているということです。


言語バー

@[CAPS]をクリックすると、[CAPS]が青くなり英字の大文字入力になります。
CAPS

A[KANA]をクリックすると、[KANA]が青くなりかな入力になります。
KANA

オフにする場合は、再度 クリックしてください。


[半角/全角]キーを押しても[あ]と[A]に切り替わらない場合はここ

言語バーの文字が黒い場合はここ

言語バーが白くなった場合はここ

言語バーのショートカットキーについてはここ

言語バーのメニューが英語表記になった場合はここ

入力モードについてはここで解説しています。

[ローマ字入力]に戻らない場合はここ

[JP]が表示される場合はここ

[IMEスタンダート]と[ナチュラルインプット]の入力方式の切り替えについて
[Ctrl]キーと[Shift]キーで変換したくない場合はここを参照してください。

Tweet



IME menuページへ
Copyright(c)2001-2014 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.
このページのトップへ戻る