Windows7 & Office2010 Office2010

Print Friendly

ALTキーの便利な使い方

投稿日:

[ALT]キーを使って、キー操作でタブを切り替えたり、目的のコマンドへ移動したりすることができます。

まず、[ALT]キーを押します。タブやコマンドにアルファベットが表示されます。
[P]キーを押します。

[ページレイアウト]タブに切り替わります。[M]キーを押します。

スポンサーリンク
[余白]のコマンドが展開されます。[↓]キーを使って移動することができます。
確定は[Enter]キーです。

解除するには、[ALT]キーを押します。

[F6]キーを2回押しても、同じように操作できます。解除は[F6]キー1回 または[ALT]キーです。
ノートPCの場合は、[/]キーを押しても、同じように操作できます。解除は[F6]キー1回 または[ALT]キーです。

お勧め記事と広告

関連記事

アクションクエリ実行時の確認メッセージを非表示にする

以下のメッセージウィンドウは、追加クエリを実行したときに表示されるメッセージです。 アクションクエリを実行すると、必ずメッセージウィンドウが ...

重複の削除

Excel2007以降には、[データ]タブに[重複の削除]というコマンドがあります。 ポップヒントにも書かれていますが、重複する行を削除して ...

自動学習した単語を辞書から削除する

Microsoft IMEには、学習機能がありますが、間違って入力した単語を学習してしまうこともあります。 間違って学習した単語を削除する方 ...

メールと予定表を並べる

Outlookのメールウィンドウと予定表を並べて、予定を確認しながらメールを打つことができます。ナビゲーションウィンドウの予定表で右クリック ...

最終更新日時を自動で表示

文書を開いたときに、最終更新日が分かると便利ですね。特に複数人で利用する文書なら、尚更です。 [挿入]タブの[クイックパーツ]から[フィール ...

-Windows7 & Office2010 Office2010

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.