リンクユニット

Windows7 & Office2010 Excel2010

ピラミッド型グラフを関数で作成

投稿日:2017年1月9日 更新日:

人口ピラミッドを関数を使って、下のようにグラフのように見せる方法です。
ピラミッドグラフ

使用するREPT関数は、文字列を指定した回数繰り返す関数縦棒を繰り返してグラフのように見せるでも解説しています。

文字列を指定した回数繰り返すREPT関数

下の表のように点数を星の数で表すと見やすくなりますね。これは、関数を使うと簡単に作成することができます。 REPT関数 セル[C3]に[=R ...

続きを見る

縦棒を繰り返して棒グラフのように見せる

縦棒を繰り返して棒グラフのように見せることができます。 文字列を指定した回数繰り返す関数と同じ方法で、REPT関数を使用します。 上記Web ...

続きを見る

人口ピラミッドをグラフで作成する方法は、以下の記事で解説しています。

人口ピラミッドグラフの作成

人口ピラミッドをおすすめグラフで作成する方法です。 グラフの元になるデータを編集 下のようなデータがあります。 ピラミッドグラフを作成する前 ...

続きを見る

REPT関数の入力

元データは、セルA2からC11の表です。セルB3からセルC11は、左揃えになっていますが数値を入力しています。
セルE2に[男性](右揃え)、セルG2に[女性](左揃え)、セルF2に[年齢](中央揃え)と入力します。
セルA3からセルA11をコピーして、セルF3に貼り付けます。

セルG3に半角で[=REPT("|",C3)&" "&c3]と入力します。数式入力後は下のようになります。
参考[|]は[たてぼう]と入力して変換すると入力することができます。
参考REPT関数は、文字列を指定された回数だけ繰り返して表示する関数です。
数式

数式をセルG11までフィルハンドルをドラッグしてコピーします。
数式

セルE3には、半角で[=B3&" "&rept("|",b3)]と入力します|
数式

セルE11まで数式をコピーします。
数式ノコピー

そのまま、[ホーム]タブにある右揃えボタンをクリックします。
右揃え

フォントの変更

セルE3からセルE11を選択して、[Ctrl]キーを押したままセルG3からセルG11を選択します。そして、[フォント]から[Britannic Bold]を選択します。
Britannic Bold

フォントの色を変更

女性の方を赤くするため、セルG3からセルG11までを選択して、[フォントの色]から赤を選択してクリックします。
文字の色

同じように男性のほうの文字色を水色に変更します。
表とグラフ

おすすめ記事と広告

推奨管理人一押しのテキストです。業務改善、時短のための一冊です。関数が分かるとExcelが楽しくなります。

記事を更新しました

上書き入力モードで入力しない(Insertキーを使用しない)

メールを書いているとき、突然 入力した文字が消えて新しく入力した文字に置き換わってしまって慌てたという経験はないですか? これは、[挿入モー ...

アドレス帳を開いたときに最初に表示するアドレスを指定

メッセージの新規ウィンドウでアドレス帳を表示した時に表示するアドレスは、指定することができます。 [ホーム]タブの[アドレス帳]をクリック ...

オリジナルの模様入り用紙の作成

好きな画像を使って、写真のようなオリジナルのきれいな模様入り用紙(A4)を作成してみませんか? この用紙を元に、CDケースなどプレゼント用に ...

エラーの場合の値を指定する

Excel2007からの関数ですが、エラー値を表示せずにエラーの場合の値を指定することができる関数があります。 下の表は、E列で[販売単価] ...

上書きし忘れた(保存しなかった)ファイルの復元

編集後、上書きし忘れたことに気がついて慌てた経験はありませんか?Office2010以降であれば、もしかすると復元することができるかもしれま ...

-Windows7 & Office2010 Excel2010

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.