Google検索

リンクユニット

Windows7 & Office2010 Access2010

日付選択カレンダーの表示

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Access2007から、テーブルのデザインビューでデータ型から[日付/時刻型]を選択すると、自動的に日付選択カレンダーが表示されます。

[日付/時刻型]のカレンダー

データ型から[日付/時刻型]を選択

テーブルのデザインビューでデータ型から[日付/時刻型]を選択して、

テーブルデザインビュー

[データシートビュー]に切り替えて確認してみてください。

カレンダーが表示されます。

カレンダー

フォームの日付選択カレンダー

このテーブルを元にフォームを作成すると、フォームにも同じようにカレンダーが表示されて便利ですね。

フォーム カレンダー

カレンダーから[今日]ボタンをクリックすると、テキストボックスに今日の日付が表示されます。

今日ボタン

日付選択カレンダーの非表示

このカレンダーはプロパティで[日付選択カレンダーの表示]から[なし]を選択すると、カレンダーは表示されなくなります。

プロパティシート 日付選択カレンダーの表示

カレンダーコントロールについて

Access2003の時には、[挿入]メニューの[ActiveX コントロール]から[Microsoft カレンダーコントロール11.0]を選択して挿入すると、下のように表示されていました。

ActivXコントロールの挿入

Access2007でも[フォームデザインツール]の[デザイン]タブの[コントロール]グループにある[ActiveX コントロール]に[カレンダーコントロール12.0]がありました。

カレンダーコントロール12.0

Access2010には、カレンダーコントロールはありません。

ですが、[フォームデザインツール]の[デザイン]タブの[コントロール]グループにある[ActiveX コントロール]から

ActiveXコントロール

[Microsoft Data and Picker Control 6.0]を選択して挿入すると、

ActiveXコントロールの挿入

下のように挿入されます。

フォーム デザインビュー

フォームビューに切り替えると、下のようなカレンダーが表示されます。

カレンダー

[Microsoft Data and Picker Control 6.0]は、Access2007にもあります。

Access2010のカレンダーについては、下のMicrosoftの記事をご参照ください。

Access 2010 アプリケーションのカレンダー コントロールを置き換える

おすすめ記事と広告

-Windows7 & Office2010 Access2010

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.