おすすめ記事

同じカテゴリー

GmailのIMAP接続



Googleのセキュリティ強化により、OutlookでGmailのIMAP設定ができないことがあります。その場合は、以下のページを参考にしてください。(2016/05/26追記)
OutlookでGmailのIMAP設定ができない : 初心者のためのOffice講座-SupportingBlog1


Outlookでは、GmailをIMAP接続することができます。
Outlook、Apple Mail などのメール クライアントに Gmail を設定する - Gmail ヘルプ

Outlook2010での設定方法を紹介します。
まず、Gmailの設定でIMAPの設定を有効にします。
Gmailの設定画面を開いて、[メール転送とPOP/IMAP]をクリックして、[IMAPを有効にする]を選択して保存します。
詳しく知りたい方は、[詳細]をクリックして読んでください。
Gmail設定

Outlook2010を起動して、[ファイル]タブから[情報]の[アカウントの追加]をクリックします。
アカウントの追加

[新しいアカウントの追加]で[名前][電子メールアドレス][パスワード]を設定して、[次へ]をクリックします。
自動アカウントセットアップ

スポンサーリンク

[セットアップの完了]が表示されたら、完了です。Outlook2010では、これだけでIMAPの設定は完了です。
Outlook2007も自動でIMAPの設定ができます。
セットアップの完了


もし、うまくいかなかったら 再度パスワードなどを確認してみてください。
念のため、手動設定の方法も書いておきます。
手動設定を選択して、[次へ]ボタンをクリックします。
新しいアカウントの追加

[インターネット電子メール]を選択して[次へ]をクリックします。
サービスの選択

[名前][電子メールアドレス]を入力します。
アカウント種類では、[IMAP]を選択します。
受信メールサーバーには、[imap.gmail.com]、送信メールサーバーには、[smtp.gmail.com]と入力します。
アカウント名には、gmailのアドレスを入力します。
パスワードを入力して、[パスワードを保存する]のチェックボックスをオンにします。
[詳細設定]ボタンをクリックします。
インターネット電子メール設定

[全般]タブで任意の名前を付けます。
全般タブ

[送信サーバー]タブでは、[送信サーバー(SMTP)は認証が必要]のチェックボックスをオンにして、[受信メールサーバーと同じ設定を使用する]をオンにします。
送信サーバータブ

[詳細設定]タブでは、受信サーバーに[993]、使用する暗号化接続の種類で[SSL]を選択します。
送信サーバーには[587]、使用する暗号化接続の種類で[TLS]を選択します。
自動設定すると、受信サーバーは[995]になります。
[OK]ボタンをクリックします。
詳細設定タブ

[アカウントの変更]ウィンドウに戻ったら、[アカウント設定のテスト]ボタンを押して、接続を確認します。
インターネット電子メール設定

下のように送受信とも[完了]になれば、OKです。
このウィンドウは[閉じる]ボタンをクリックして閉じます。
テスト アカウント設定

[次へ]のボタンを押して、[完了]ボタンを押して閉じます。
セットアップの完了

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする