リンクユニット

Windows7 & Office2010 PowerPoint2010

スライドマスターのレイアウトを変更するには

投稿日:2017年1月7日 更新日:

PowerPointですべてのスライドに同じ書式を設定、または変更したい場合は、スライドマスターで変更すれば、すべてのスライドに変更が適用されます。

スライドマスターの表示

[表示]タブの[マスター表示]グループにある[スライドマスター]をクリックします。ポップヒントには、以下のように記されています。

スライドマスター表示を開いて、マスタースライドのデザインとレイアウトを変更します。

スライドマスター表示

マスターの表示方法は他にもあります。以下の記事を参照してください。

Shiftキーを押した時のステータスバーの表示選択ボタン

PowerPoint2010を起動したときの画面右下に表示される[表示選択ボタン]は、[Shift]キーを押しながらクリックすると表示モード ...

続きを見る

[スライドマスター]タブに切り替わります。[スライドマスター]は左側のペインに下のように表示されます。一番上に表示されているのが[スライドマスター]です。その下に表示されているのが、[スライドのレイアウト]です。標準では、11種類のレイアウトが表示されます。
スライドマスター

[スライドマスター]で表示される11種類のレイアウトは、[ホーム]タブの[レイアウト]に表示される11種類のレイアウトに対応したマスターです。要するに、スライドマスターは、各レイアウトごとに1つずつ対応しているということです。
標準レイアウト一覧

マスターレイアウトの変更

[スライドマスター]で1つのレイアウトを編集すると、マスターを使用するすべてのスライドに変更が反映されます。
たとえば、下は[タイトルとコンテンツ]ですが、このレイアウトでタイトルの書式を変更すると、[タイトルとコンテンツ]を使用したスライドはすべて変更されます。
スライドのレイアウトでタイトルの書式変更

スライドマスターの変更

複数のレイアウトが混在しているプレゼンテーションの場合にスライドのレイアウトごとにマスターを変更するのは面倒ですね

レイアウトに関係なく、マスター表示の一番上にある[スライドマスター]を変更すると、関連するレイアウトはすべて変更が反映されます。
スライドマスターでタイトルの書式を変更

スライドマスターのレイアウト変更

スライドマスターのレイアウトは、プレースホルダーを削除したり、位置や大きさを変更するなど独自のレイアウトに変更することができます。

たとえば、スライドマスターで、間違って[日付]のプレースホルダーを削除した場合は、[マスターレイアウト]をクリックして、[マスターレイアウト]ダイアログボックスを表示させて、[日付]のチェックボックスをオンにすると復活させることができます。注意[マスターのレイアウト]は、[スライドマスター]を選択している場合のみ有効になります。
マスターのレイアウト

また、[日付]のプレースホルダーを非表示のまま、[レイアウトの挿入]をクリックして、新しいレイアウトを挿入すると、
レイアウトの挿入

[日付]のプレースホルダーは非表示のままになります。
新しいレイアウト

既存のレイアウトには、反映されないように見えますが、
既存のレイアウト

[フッター]のチェックボックスをオフにして、
フッターのチェックをオフ

再度、[フッター]のチェックボックスをオンにすると、[日付]のプレースホルダーは非表示になります。
フッターのチェックをオン

ロゴはスライドマスターに

全スライドに会社のロゴマークを挿入したい場合は、[スライドマスター]に挿入すると早いですね。

[スライドマスター]を選択した状態で、[挿入]タブの[図]からロゴを選択して挿入します。
挿入タブの図

すべての[スライドのレイアウト]にロゴが挿入されます。ロゴの位置や大きさを調整します。
ロゴの挿入

[スライドマスター]タブの[マスター表示を閉じる]をクリックして、[スライドマスター]を閉じます。
マスター表示を閉じる

標準表示に戻ります。すべてのスライドにロゴが挿入されます。スライドマスターは非常に便利な機能です。ぜひ、活用してくださいね。
標準表示

参考スライドマスターの編集は、できればスライドを作成する前に行うことをお勧めします。マスターで編集した後は再適用する必要があります。

以下の記事では、PowerPointの起動時に白紙レイアウトを表示する方法を解説していますが、プレースホルダーやマスターはぜひ活用していただきたいと思っています。

起動時のスライドを白紙レイアウトにしたい

PowerPointを起動すると、一枚のスライドが表示されます。 そして、そのスライドのレイアウトは、[タイトルスライド]になっています。 ...

続きを見る

関連PowerPoint2007でも解説しています。

マスタの編集

会社のテンプレートについては、以下の記事が参考になると思います。

現在のテーマを別のプレゼンに適用するには

PowerPoint2007以降には、全体のデザインを統一するためにテーマという機能があります。テーマには配色や背景のデザインなどが含まれま ...

続きを見る

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

管理人一押しのテキストです。

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

PowerPivotのリレーションシップ

Excel2010のPowerPivotで、下の操作でExcelファイルを取込ました。 PowerPivotでExcelファイルのデータをイ ...

一時プロファイルでログインしてしまう

Windows 7でアカウントを作ってログインすると、下のようなメッセージがウィンドウの右下に表示されるようになりました。 メッセージには、 ...

印刷範囲に追加コマンドをクイックアクセスツールバーに追加

クイックアクセスツールバーに[印刷範囲の設定]、[印刷範囲に追加]、[印刷範囲のクリア]を追加すると、一回のクリックで印刷設定や範囲の追加、 ...

PowerPivotタブが消えた

Excel2010でPowerPivotアドインを追加して[PowerPivot]タブが表表示されていたのに、いつの間にか[PowerPiv ...

【無効データのマーク】でエラーメッセージでも防げない規則以外のセルをチェック

Excelの[データ]タブの[データの入力規則]のメニューの中に[無効データのマーク]というのがあります。 これは入力規則に設定した以外の値 ...

-Windows7 & Office2010 PowerPoint2010

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.