Google検索

Windows7 & Office2010 PowerPoint2010

スライドマスターのレイアウトを変更するには

投稿日:2017年1月7日 更新日:

PowerPointですべてのスライドに同じ書式を設定、または変更したい場合は、スライドマスターで変更すれば、すべてのスライドに変更が適用されます。

スライドマスターの表示

[表示]タブの[マスター表示]グループにある[スライドマスター]をクリックします。

ポップヒントには、以下のように記されています。

スライドマスター表示を開いて、マスタースライドのデザインとレイアウトを変更します。

スライドマスター表示

マスターの表示方法は他にもあります。

以下の記事を参照してください。[Shift]キーを押したまま、ステータスバーの[標準]表示のアイコンをクリックしても切り替えることができます。

【Shift】キーを押した時のステータスバーの表示選択ボタン

PowerPoint2010を起動したときの画面右下に表示される[表示選択ボタン]は、[Shift]キーを押しながらクリックすると表示モード ...

続きを見る

[スライドマスター]タブに切り替わります。

[スライドマスター]は左側のペインに下のように表示されます。

一番上に表示されているのが[スライドマスター]です。

その下に表示されているのが、[スライドのレイアウト]です。

標準では、11種類のレイアウトが表示されます。

スライドマスター

[スライドマスター]で表示される11種類のレイアウトは、[ホーム]タブの[レイアウト]に表示される11種類のレイアウトに対応したマスターです。

要するに、スライドマスターは、レイアウトごとに1つずつ対応しているということです。

標準レイアウト一覧

マスターレイアウトの変更

[スライドマスター]で1つのレイアウトを編集すると、マスターを使用するすべてのスライドに変更が反映されます。

たとえば、下は[タイトルとコンテンツ]ですが、このレイアウトでタイトルの書式を変更すると、[タイトルとコンテンツ]を使用したスライドはすべて変更されます。

スライドのレイアウトでタイトルの書式変更

スライドマスターの変更

複数のレイアウトが混在しているプレゼンテーションの場合にスライドのレイアウトごとにマスターを変更するのは面倒ですね

レイアウトに関係なく、マスター表示の一番上にある[スライドマスター]を変更すると、関連するレイアウトはすべて変更が反映されます。

スライドマスターでタイトルの書式を変更

スライドマスターのレイアウト変更

スライドマスターのレイアウトは、プレースホルダーを削除したり、位置や大きさを変更するなど独自のレイアウトに変更することができます。

ここでは例として、[日付]のプレースホルダーを非表示にしてみます。

参考スライドで日付のプレースホルダーが表示されないという場合は、マスターのレイアウトで[日付]のチェックがオフになっていたというケースが多いです。ですから、[マスターレイアウト]を表示させて、[日付]のチェックボックスをオンにすることで復活させることができます。

注意[マスターのレイアウト]は、[スライドマスター]を選択している場合のみ有効になります。

マスターのレイアウト

[日付]のプレースホルダーを非表示のまま、[レイアウトの挿入]をクリックして、新しいレイアウトを挿入すると、

レイアウトの挿入

[日付]のプレースホルダーは非表示のままになります。

新しいレイアウト

既存のレイアウトには、反映されないように見えますが、

既存のレイアウト

[フッター]のチェックボックスをオフにして、

フッターのチェックをオフ

再度、[フッター]のチェックボックスをオンにすると、[日付]のプレースホルダーは非表示になります。

フッターのチェックをオン

参考スライドマスターで変更したレイアウトを起動時に表示することもできます。以下の記事では、[白紙]レイアウトを例にして解説していますが、同じ方法で独自に変更したレイアウトを設定することもできます。

起動時のスライドを白紙レイアウトにしたい

PowerPointを起動すると、一枚のスライドが表示されます。 そして、そのスライドのレイアウトは、[タイトルスライド]になっています。 ...

続きを見る

ロゴはスライドマスターに

全スライドに会社のロゴマークを挿入したい場合は、[スライドマスター]に挿入すると早いですね。

[スライドマスター]を選択した状態で、[挿入]タブの[図]からロゴを選択して挿入します。

挿入タブの図

すべての[スライドのレイアウト]にロゴが挿入されます。

ロゴの位置や大きさを調整します。

ロゴの挿入

[スライドマスター]タブの[マスター表示を閉じる]をクリックして、[スライドマスター]を閉じます。

マスター表示を閉じる

[標準]表示に戻ります。すべてのスライドにロゴが挿入されます。

スライドマスターは非常に便利な機能です。ぜひ、活用してくださいね。

標準表示

関連スライドマスターの編集は、できればスライドを作成する前に行うことをお勧めします。マスターで編集した後は再適用する必要があります。

以下は、スライドマスターに関する記事です。

プレースホルダーのコピーはスライドマスターで

PowerPointでプレースホルダーを追加する場合は、スライドでコピーして追加するより、マスターで追加したほうが後々便利だと思います。 P ...

続きを見る

スライド番号の挿入ができない

PowerPointでスライド番号を挿入する方法と、スライド番号が挿入できない場合の対処方法です。 参考スライドの場合は[スライド番号]、ノ ...

続きを見る

インデントを増やしても箇条書きの文字を小さくしたくない

いつも箇条書きでレベル下げを行うと、フォントサイズまで小さくなってしまうのだけど、なぜですか? そういう質問を受けることがあります。なるほど ...

続きを見る

すべてのスライド番号やフッターの表示位置を上部に変更するには

PowerPointでスライドにページ番号やフッターの位置を変更したいという場合の方法です。例えば、スライドの右上にスライド番号やファイル名 ...

続きを見る

スライドにスライド番号と総スライド数を挿入

PowerPointで各スライドに下のようにスライド番号と総スライド数を挿入する方法です。 参考スライドの場合は[スライド番号]、ノートや配 ...

続きを見る

マスターについては、PowerPoint2007でも解説しています。

マスターの編集

スライドマスターを使う事の利便性については、以下の記事を参照してください。

スライドマスターで箇条書きの変更

また、スライドマスターのレイアウトを独自に作成することもできます。以下の記事で解説しています。

スライドマスターにユーザー設定のレイアウトを追加

参考会社のロゴなどをマスターに挿入したデザインを他のプレゼンテーションにも適用したいと思うことがあると思います。

そういう場合、現在のテーマを保存しておくと便利です。

以下の記事で解説しています。

現在のテーマを別のプレゼンテーションに適用するには

PowerPoint2007以降には、全体のデザインを統一するためにテーマという機能があります。 テーマには配色や背景のデザインなどが含まれ ...

続きを見る

以下の記事では、PowerPointのプレースホルダーを使用することのメリットを解説しています。

プレゼンテーションを作成するなら、プレースホルダーやマスターの機能はぜひ習得していただきたいと思っています。

プレースホルダーを理解して活用しよう

PowerPointでスライドを作成するとき、プレースホルダーを使っていますか? プレースホルダーという名前を聞いたこともない、テキストボッ ...

続きを見る

Profile

執筆者/はま

おすすめ記事と広告

-Windows7 & Office2010 PowerPoint2010

Copyright © 2001-2019 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.