Google検索

リンクユニット

Windows7 & Office2010 PowerPoint2010

アニメーションのフリーハンドは[ユーザー設定パス]の[効果のオプション]に

投稿日:2017年1月7日 更新日:

PowerPoint2010のアニメーションの一覧の中には、[フリーハンド]や[フリーフォーム]のメニューはありません。

が、[ユーザー設定 パス]の中の[効果のオプション]に[フリーハンド]があります。

これを使ってドラッグで自由にパス(アニメーションの軌跡)を描くことができます。

効果のオプションの中のフリーハンド

PowerPoint2007のアニメーション

PowerPoint2007の[アニメーションの軌跡]には、[フリーフォーム]や[フリーハンド]がありました。

[アニメーションの軌跡]→[軌跡を描く]→[フリーハンド]とたどっていくとドラッグで自由にパスを描くことができていました。

PowerPoint2007のアニメーションの軌跡

PowerPoint2003のフリーハンドの操作については、以下の記事で解説しています。

アニメーションの軌跡(フリーハンド)

PowerPointでは、オブジェクトにアニメーションの設定ができますが、フリーハンドを使用すると、ドラッグで自由にアニメーションの軌跡を描 ...

続きを見る

PowerPoint2010のアニメーション

下はPowerPoint2010の[アニメーション]タブです。

この一覧の中には[フリーハンド]や[フリーフォーム]は見当たりません。

下の画像は、一番下までスクロールした状態です。一覧の上部には、[なし]のボタンもあります。

PowerPoint2010のアニメーション

ユーザー設定パス

すぐには見つけられなかったのですが、[アニメーションの軌跡]の中にある[ユーザー設定 パス]を使用してオリジナルの軌跡を描くことができます。

アニメーションの中のユーザー設定パス

[効果のオプション]に[フリーハンド]

[ユーザー設定パス]を選択して、[効果のオプション]をクリックすると、その中に[フリーハンド]というメニューがあります。

フリーハンド

[フリーハンド]を選択すると、これまでと同じようにマウスポインタが鉛筆のマークになり、パス(アニメーションの軌跡)を自由に描くことができます。

フリーハンドを使ってアニメーションの軌跡を描く

注意パスを終了するときは、ダブルクリック[Enter]キーを押します。この操作がこれまでとは異なっていますので、注意してください。

また、終了すると[効果のオプション]にパスを編集するメニューが表示されます。

  • ロック
  • ロック解除
  • 頂点の編集
  • 逆方向の軌跡

アニメーションのフリーハンドの効果のオプション

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

マクロのアクションに【出力】がない

Access2003のマクロアクションには、[出力]があり、これまでよく使っていました。 すべてのデータをExcelへ出力したほうが、何かと ...

ワークシートをスッキリ見せるには

Excelでプレゼンする場合、枠線や行列番号、リボンなどを非表示にすると見やすくなります。 通常は、下の画像のようになっています。 [枠線] ...

アウトラインからスライド

Wordで作成した文章をそのままPowerPointのスライドに取り込むことができます。新機能ではありません。 アウトラインからスライド [ ...

タブの切り替えができない

Excel2010で、タブを切り替えるためにタブをクリックしても無反応となる現象があります。 セルの選択はできるのに、タブの切り替えができま ...

ビデオのトリミング

PowerPoint2010では、ビデオのトリミングができるようになりました。PowerPoint2010以降は、動画の編集が非常に充実して ...

-Windows7 & Office2010 PowerPoint2010

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.