リンクユニット

Windows7 & Office2010 PowerPoint2010

オブジェクトをすべて非表示

投稿日:2017年1月7日 更新日:

PowerPoint2007から、オブジェクトの選択と表示作業ウィンドウを表示することができます。[オブジェクトの選択と表示]作業ウィンドウでは、1つ1つのオブジェクトを選択して、表示/非表示を切り替えたり、並べ替えを行うことができます。

オブジェクトの選択と表示

[ホーム]タブの[編集]グループから[選択]ボタンをクリックして、[オブジェクトの選択と表示]をクリックします。
ポップヒントには、以下のように記されています。

[オブジェクトの選択と表示]作業ウィンドウを表示します。オブジェクトを個別に選択して、順序や表示状態を変更することができます。

ホームタブ

1つ1つのオブジェクトを選択して、表示/非表示を切り替えたり、並べ替えを行うことができます。[オブジェクトの選択と表示]にある目の玉のマークをクリックすることで、非表示にしたり表示したりすることができます。すべてのオブジェクトを非表示にしたり、表示したりするのもボタンをクリックするだけです。
オブジェクトの選択と表示

すべて非表示

また、[すべて非表示]ボタンをクリックすると、選択しているスライドのオブジェクトを一気に非表示にすることができます。
参考この[すべて非表示]にした状態で、表示されている文字や画像は、スライドマスターのオブジェクトです。どのオブジェクトがスライドマスターで設定されたものかどうかを確認するのにも、有効ですね。下の場合は、[〇〇町内会]という文字は、スライドマスターで設定されたものになります。
すべて非表示

スライドマスターの表示

スライドマスターは、[表示]タブの[マスター表示]グループにある[スライドマスター]をクリックします。
スライドマスター

マスターは他の方法で表示することもできます。

Shiftキーを押した時のステータスバーの表示選択ボタン

PowerPoint2010を起動したときの画面右下に表示される[表示選択ボタン]は、[Shift]キーを押しながらクリックすると表示モード ...

続きを見る

関連以下は、[オブジェクトの選択と表示]に関する記事です。

複雑な図形の操作をする時には選択ウィンドウを表示

Office2010からの機能として、[オブジェクトの選択と表示]というのがあります。この機能は、複雑な図形やテキストボックスなどを操作する ...

続きを見る

オブジェクトの選択と表示が無効

Word2013で[ホーム]タブの[編集]グループにある[選択]ー[オブジェクトの選択と表示]をクリックしたら、無効なコマンドになっています ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

FAX番号を登録するとアドレス帳に表示される

連絡先にFAX番号を登録すると、新規メッセージウィンドウで[宛先]をクリックしたときに表示される[アドレス帳]に必ず表示されます。 これは、 ...

デスクトップアイコン名の影を消す

デスクトップのアイコン名に影がついていると、見づらいと感じる方は多いようです。 下の画像は、デスクトップアイコン名に影がついている状態です。 ...

数式をセルに表示するには

数式をワークシートのセルに表示したいということはありますね。 数式のエラーを見つけたい、どこに数式が入っているのかわからない、などという時に ...

Internet Explorer8は削除できません

Windows7のInternet Explorer8は、アンインストールすることができません。 機能を[無効]にすることはできます。 注意 ...

フィルターの文字検索

Excelのフィルターを使うとデータを簡単に抽出することが出来て便利ですね。でも、表示されるデータの一覧が多いと、その中から目的のテキストを ...

-Windows7 & Office2010 PowerPoint2010

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.