Windows7 & Office2010 Excel2010

重複の削除

投稿日:

Excel2007以降には、[データ]タブに[重複の削除]というコマンドがあります。
ポップヒントにも書かれていますが、重複する行を削除してくれる機能です。

Excel2007でも解説しています。
重複の削除   重複する値の削除(動画)

ここでは、重複する値の内、最初の値が残るかどうかを確かめてみます。
範囲内の同番号には、1番目のセルには[赤]、2番目のセルには[青]で塗りつぶしています。
範囲選択して[重複の削除]をクリックします。
重複の削除

スポンサーリンク
[重複の削除]が表示されますので、確認して[OK]ボタンをクリックします。
重複の削除
赤く塗りつぶしたセルが残っています。1番目の値が残るということですね。
削除後の結果

トラブルをすぐに解決したいならteratail

お勧め記事と広告

関連記事

Excelへ出力ボタンの作成

Access2010でテーブルやクエリをExcelへ出力するマクロを作成して、それをコマンドボタンに登録する方法です。 エクスポート操作の保 ...

アウトラインからスライド

Wordで作成した文章をそのままPowerPointのスライドに取り込むことができます。新機能ではありません。 [ホーム]タブから[新しいス ...

新規入力セルへ移動するマクロの作り方

マクロって何だろう?って思っていらっしゃる方へ見ていただければ嬉しいです。 たとえば、長い表があって 新規入力するためにはいつも下へ下へスク ...

マウスポインターの変更

Windows7でのマウスポインタの変更方法です。 コントロールパネルからも設定できますが、個人設定画面からの操作を紹介します。 コントロー ...

すべてのシートを表示して切り替える

新機能ではありません、以前からの機能です。 Excelの[見出しスクロール]ボタン上で右クリックすると、シートの一覧が表示されます。 見出し ...

-Windows7 & Office2010 Excel2010

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.