Windows7 & Office2010 Excel2010

Print Friendly

重複の削除

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excel2007以降には、[データ]タブに[重複の削除]というコマンドがあります。
ポップヒントにも書かれていますが、重複する行を削除してくれる機能です。

Excel2007でも解説しています。
重複の削除   重複する値の削除(動画)

no image
重複する値の削除

[重複の削除]を実行すると、1番目に登場した値が残ります。 YouTubeの動画に音声はありません。 下記リンクは、以前作成したFlashを ...

続きを見る

ここでは、重複する値の内、最初の値が残るかどうかを確かめてみます。
範囲内の同番号には、1番目のセルには[赤]、2番目のセルには[青]で塗りつぶしています。
範囲選択して[データ]タブの[重複の削除]をクリックします。
重複の削除

[重複の削除]が表示されますので、確認して[OK]ボタンをクリックします。
重複の削除

赤く塗りつぶしたセルが残っています。1番目の値が残るということですね。
削除後の結果

お勧め記事と広告

関連記事

重複データを入力したらメッセージを出す

受付番号を入力したときに、既に入力済みの番号であればメッセージを表示して、注意を促したい場合がありますね。その場合の方法です。 テーブル[T ...

スライドの余白を調整

PowerPoint2010でスライドの余白を調整する方法です。 PowerPointでは、従来から余白の設定はできません。WordやExc ...

垂直スライサーと水平スライサー

Excel2010のPowerPivotで取り込んだデータを元を作成したピボットテーブルで、垂直スライサーと水平スライサーの使い方です。 [ ...

フィルターの文字検索

データ内のセルをクリックして、[データ]タブにある[並べ替えとフィルター]グループの[フィルター]をクリック。文字検索ボックスがあります。 ...

引数が無効ですのエラー

Access2010でデータベースを一つ作成して、 フォームのテキストボックスに文字を入力しようとすると、[引数が無効です。]のエラーメッセ ...

-Windows7 & Office2010 Excel2010

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.