おすすめ記事

同じカテゴリー

添付ファイル型のフィールド名変更



Access2007からデータ型に[添付ファイル]が登場しました。
データ型に添付ファイル
この添付ファイル型のフィールド名はデザインビューで設定したフィールド名が反映されないと思っていたのですが、フィールドプロパティの[標題]で設定すると変更できることがわかりました。

テーブルのデザインビューです。添付ファイル型のフィールド名は[添付ファイル]になっています。
デザインビュー
データシートビューではフィールド名はクリップマークになります。
データシートビュー
このフィールド名をクリップマークではないものに変更したい場合は、
デザインビューのフィールドプロパティの[標準]タブにある[標題]で変更します。
ここでは、[添付]と入力します。
フィールドプロパティ

スポンサーリンク

データシートビューに切り替えると、フィールド名は[添付]となっています。
データシートビュー
単票フォームも、[添付]となっています。
単票フォーム
フォームのデータシートビューでは、クリップマークとなります。
データシートビュー
分割フォームにすると、上の単票フォームでは、[添付]となりますが、下のデータシートビューではクリップマークとなります。
分割フォーム
帳票フォームでは、変更した名前が反映されます。

添付ファイル型のフィールド名は、フィールドプロパティの標題で名前を付けると、[単票フォーム]や[帳票フォーム]では変更した名前になりますが、データシートビューでは反映されないということですね。

添付ファイル型を使用せずにイメージコントロールにパスを入力して画像を表示する方法も紹介しています。
イメージコントロールに外部の画像ファイルを表示

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする