おすすめ記事

同じカテゴリー

65000行以上のエクスポート



Access2013で7万行以上あるテーブルをExcelへエクスポートするマクロを作成しようとしました。
[作成]タブの[マクロ]から、[書式設定を保持したままエクスポート]をクリックして
マクロの作成

下のようにマクロを作成しました。
マクロの設定

そして、そのマクロを実行しようとすると、[選択しているレコードの数が多すぎるため、一度にクリップボードにコピーできません。コピーおよび貼り付けの操作を、いくつかのレコードに分けて行ってください。一度に貼り付けることができるレコードの数は、約65,000です。」というメッセージが表示されました。
メッセージウィンドウ

スポンサーリンク

調べてみると、Microsoftの以下のページがヒットしました。
65,000 を超える行が含まれる Access 2007 のテーブルを Excel ブックにエクスポートしようとすると、エラー メッセージ 選択しているレコードの数が多すぎるため、一度にクリップボードにコピーできません が表示される
[書式設定を保持したままエクスポート]を選択すると出力できないようです。試しに[外部データ]タブから[エクスポート]グループの[Excel]をクリック。
外部データ

[エクスポート-Excelスプレッドシート]で、[書式設定とレイアウトを保持したままデータをエクスポートする]のチェックボックスをオンにして[OK]ボタンをクリックすると、マクロの時と同じように[選択しているレコードの数が多すぎるため、一度にクリップボードにコピーできません。]というメッセージが表示されます。このメッセージが表示されたら、[OK]ボタンを押して、[Esc]キーを押して解除してください。
データのエクスポート先の選択

では、エクセルへ出力するマクロを作成するには、[エクスポート-Excelスプレッドシート]で、[書式設定とレイアウトを保持したままデータをエクスポートする]のチェックボックスをオフにして[OK]ボタンをクリックします。既定ではオフになっています。
データのエクスポート先の選択

そして、最後の[エクスポート操作の保存]で[エクスポート操作の保存]のチェックボックスをオンにして、[エクスポートの保存]ボタンをクリックします。
エクスポート操作の保存

そして、マクロを作成する時、[デザイン]タブで[すべてのアクションを表示]をクリックして、[保存済みのインポート/エクスポート操作の保存]をクリックします。
すべてのアクションを表示

このままマクロを保存します。
マクロの作成

これで、フォームのボタンなどにマクロを登録して、クリックだけでデータをExcelへエクスポートできるようになります。

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする