お勧め記事と広告

Dockのカスタマイズ



Dockのアイコンの位置は、ドラッグで変更できる。

Dockのサイズ変更は、アプリケーションの領域とファイルやフォルダの領域の境界線にマウスをポイントすると、下のように上下矢印の形に変わるので、そのときに上下にドラッグ。
[option]キーを押しながら、ドラッグすると一定の割合でサイズが変更される。
Dock
境界線で右クリック、もしくは[control]キーを押しながらクリックすると、下のようなメニューが表示される。
Dockのメニュー
[”拡大”機能を入にする]をクリックすると、下のようにDockにマウスでポイントするとアイコンが拡大表示される。
拡大機能入りの状態

スポンサーリンク

[”自動的に隠す”機能を入にする]をクリックすると、Dockが隠れる。隠れたあたりをマウスでポイントすると再び表示される。

表示位置のサブメニューを表示。左や右にも移動できる。
Dockの表示位置変更のメニュー
ジニーエフェクトは、しまうときにDockに吸い込まれるようにしまわれる。
Dockのしまうときのエフェクトの選択メニュー
[shift]キーを押しながら[しまう]ボタンをクリックすると、[ジニーエフェクト]も[スケールエフェクト]もスローモーションになる。(画像はEL Captan)
Shiftキーを押してしまうときの動作
[Dock環境設定]をクリックすると、↓が表示される。ここから設定も可能。
Dock環境設定
関連は、Dock

トラブルをすぐに解決したいならteratail

お勧め記事と広告

シェアする