おすすめ記事

同じカテゴリー

テーブルでスライサー



Excel2013では、テーブルでも[スライサー]が使用できるようになりました。
Excel2010のピボットテーブルでスライサーが登場したのですが、Excel2013ではピボットテーブルだけでなくテーブルでもスライサーが使用できます。

データ内のセルをアクティブにして、[挿入]タブから[テーブル]をクリックします。
テーブル
[テーブルの作成]ダイアログボックスが表示されます。自動選択された範囲を確認して、[OK]ボタンをクリックします。
[テーブルの作成]ダイアログボックス
[テーブルツール]タブ-[デザイン]タブにある[ツール]グループの[スライサーの挿入]をクリックします。
スライサーの挿入

スポンサーリンク

[スライサーの挿入]が表示されます。ここでは、[販売店]と[製品コード]のチェックボックスをオンにして[OK]ボタンをクリックします。
スライサーの挿入
2つのスライサーが表示されます。
スライサーの表示
スライサーの中のフィルードを選択することで絞り込みができるようになります。
スライサーで絞り込み
2つのスライサーを使って絞り込むこともできます。
2つのスライサーで絞り込み
絞り込みを解除するには、スライサーの右上にある[フィルターのクリア]をクリックします。
フィルターのクリア
また複数のフィールドを選択する場合は、[Ctrl]や[Shift]キーを使って選択します。
[Shift]キーは連続したフィールドの選択の時、[Ctrl]キーは離れたフィールドを選択する時に使用します。
フィールドの選択
また、スライサーを選択して、[スライサーツール]-[オプション]タブにある[スライサースタイル]からスライサーの配色を変更することもできます。
スライサースタイル

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする