おすすめ記事

スクリーンショットを撮る



Office2016 for Macからの新機能です。[挿入]タブに[スクリーンショット]というコマンドがあります。この機能を使うと、現在開いている画面、または画面の領域の画像を簡単にファイルに挿入することができます。※Officeのバージョンは15.26(160910)です。
Word、Excel、PowerPoint

最小化しているウィンドウはショットすることができません。また、Windows版では、自分自身(スクリーンショットボタンを押すアプリケーション)はショットできませんが、Macの場合は可能です。
ここでは、Wordを使って解説します。まず、スクリーンショットを撮りたい画像やアプリケーションを開いておきます。最小化状態ではショットは撮れませんので気を付けてください。
下のような文書があります。「チューリップ」の文字の下にチューリップの写真を挿入したいと思います。画像を挿入したい位置にカーソルを移動させます。そして、[挿入]タブの[スクリーンショット]をクリックします。
スクリーンショット

スポンサーリンク

挿入できる画像の一覧が表示されます。この場合、Wordと写真以外は開いていませんので、この2つが一覧の中に表示されます。目的のチューリップのプレビューをクリックします。
プレビューをクリック

ワンクリックだけで挿入することができます。
画像の挿入

挿入した画像をトリミングして調整します。画像を選択したまま[図の書式設定]タブにある[トリミング]から[トリミング]をクリックします。
トリミング

ドラッグしてサイズを調整できたら、再度 トリミングボタンをクリックして確定します。トリミングの確定

下のようになります。完成


また、領域を指定して挿入することもできます。[挿入]タブの[スクリーンショット]の[画面の領域]をクリックします。
画面の領域

Wordの文書はしまわれますが、目的の画像でドラッグして領域を指定します。
ドラッグで範囲指定

マウスから指を離すと文書内に挿入されます。これだとトリミングの必要はありませんね。完成

地図などを挿入する時も、便利だと思います。
Windows版のOffice2013以降は、起動中のブラウザをスクリーンショットすると自動的にハイパーリンクが設定されますが、Mac版では、その機能はありません。
スクリーンショットにハイパーリンク(Windows版 Office2013)

●Macの画面全体を撮るには、[コマンド]キー + [Shift]キー + [3]キーです。
ドラッグで選択した部分や、?カメラアイコンを表示してショットする方法は、スクリーンショットをご参照ください。

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする