おすすめ記事

ことえり環境設定



[入力]メニューから[環境設定を表示]をクリック。
入力メニュー
[入力]をクリック。
入力方法の設定:[ローマ字入力]と[かな入力]の切り替え
句読点の設定:句読点の書式を4種類の中から設定。
caps lock キー:[caps lock]キーを押したときの動作を設定。押した時[ひらがな]を入力、押した時[カタカナを入力]など。

[句読点で変換する]にチェックを入れると、[return]キーを押さなくても自動的に変換される。

[Windows風のキー操作]にチェックを入れると、小さい文字を入力するときに[L]キーでも入力できるようになる。
たとえば[ぁ]と入力したいとき、[L]キーと[A]キーを押すとよい。
もちろん、[X]キーと[A]キーでもOK。

かなモードで入力中に[shift]キーを押すと英字モードに変わる。入力される文字は大文字。
WinのIMEの場合は、この後[shift]キーから指を放すと 再び入力モードが[ひらがな]にもどるが、Macのことえりではそうはいかない。
かなモードに切り替える場合は、再び[かな]キーを押す。詳細はWindows風のキー操作
ことえり環境設定(入力)
[候補表示]をクリック。
ウィンドウ表示までの変換キーの回数:[すぐ表示][1回目][2回目][3回目][4回目][表示なし]から選択。
ウィンドウのフォントやフォントサイズを設定できる。
ウィンドウのフォントサイズは、[10、12、14、18、24、36]から選択。
ことえり環境設定(候補表示)

スポンサーリンク

この候補表示とは[スペース]キーを押して表示される変換候補一覧の文字のこと。
初期設定のままなら↓
変換候補一覧-既定
フォントサイズを[36]に設定↓
変換候補一覧-フォントサイズ36
[辞書]をクリック。
使用する辞書を選択して、[開く]ボタンをクリックすると使用可能になる。
[閉じる]をクリックすると、使用不可となる。顔文字辞書のインストールでも説明。
ことえり環境設定(辞書)
[指定変換]をクリック。
[キー未定義の辞書]にある辞書を左側の[キーへの割り当て]へドラッグする。
入力した文字列を選択して[control]キーと[数字]キーで指定した辞書を使用出来るようになる。
ことえり環境設定(指定変換)

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする