リンクユニット

Windows7 & Office2010 PowerPoint2010

タイトルを使った目次スライドの作り方

投稿日:2017年1月7日 更新日:

PowerPoint2007から、目次スライドの自動作成機能はなくなってしまいました。

PowerPoint2003では、[目次スライド]ボタンを使って目次スライドを作成していました。

目次スライドの作成

PowerPoint2003では、[目次スライド]ボタンを使って、スライドのタイトルを抜き出して、目次スライドを自動作成することができます。 ...

続きを見る

その代わりの方法を紹介します。
注意ただし、タイトルは[テキストボックス]ではなく、[プレースホルダー]を使って入力した場合の方法です。PowerPointでは、タイトルはプレースホルダーを使って入力したほうが便利です。

テキストボックスとプレースホルダー

プレースホルダーを理解して活用しよう

PowerPointでスライドを作成するとき、プレースホルダーを使っていますか?プレースホルダーという名前を聞いたこともない、テキストボック ...

続きを見る

アウトライン表示で折りたたみ

作成したプレゼンテーションを開き、標準モードで[アウトライン]タブをクリックして[アウトライン]表示にします。
[アウトライン]タブで右クリックして、ショートカットメニューから[折りたたみ]→[すべて折りたたみ]をクリックします。
アウトラインタブ

すべて折りたたむとアウトラインタブは下のようになります。
折りたたみ

新しいスライドの作成

目次スライド用のスライドを準備します。
最後のスライドを選択したまま、[ホーム]タブの[新しいスライド]から、[タイトルとコンテンツ]を選択して、挿入します。
新しいスライドの挿入

タイトルをコピーして貼り付け

一枚目のスライドから、タイトルのついたスライドを選択して、コピーします。
タイトルのコピー

新しく挿入したスライドのプレースホルダーを選択して、テキストのみ貼り付けます。
テキストの貼り付け

段落番号を作成

そして、[ホーム]タブの[段落]グループにある[段落番号]をクリックして、行頭に番号を付けます。
段落番号

タイトルの入力と目次スライドの移動

タイトルを[目次]にして、1枚目の次の位置へドラッグします。
目次スライドが2枚目のスライドになります。
スライド位置の移動

目次スライドを2段組みにするには

もし、目次項目が多い場合は、2段組みにすることもできます。
アウトラインから、タイトルをコピーして貼り付けると、左下に自動調整オプションが表示されます。
この自動調整オプションをクリックします。

メニューの中から[スライドを2段組に変更する]を選択します。

目次を2段組みに変更することができます。見やすいですね。

自動調整オプションについては、以下の記事で解説しています。

プレースホルダーの自動調整オプションボタンの使い方

PowerPointでプレースホルダーに文字を入力していて、その文字数が多くなって収まりきらなくなると、プレースホルダーの左下に[自動調整オ ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

パスワードを使用して暗号化

Word2010、Excel2010、PowerPoint2010などには暗号化してパスワードを設定する機能があります。 設定されたファイル ...

Anytime Upgrade

ネットブックにWindows7 Starterをインストールしたら、スタートメニューに[Windows Anytime Upgrade]とい ...

複数項目を【または】でデータ抽出

下のようなデータあって、この中から[担当者]が[山田]または、[売上額]が[100000]より大きいデータを抽出する方法です。 注意1行に1 ...

セル内改行をスラッシュに一括置換

Excelでは、セル内で改行したい場合は、キーボードから[Alt]キーと[Enter]キーを押します。 下のように一つのセル内で改行すること ...

文字の割付(列幅に合わせて複数セルに割付)

以前からある機能です。 こんな機能がExcelにあっていいの?と思ってしまった機能ですが、Excelで文書作成される方にとっては、便利な機能 ...

-Windows7 & Office2010 PowerPoint2010

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.