Windows7 & Office2010 PowerPoint2010

Print Friendly

目次スライドの作り方

投稿日:

PowerPoint2007から、目次スライドの自動作成機能はなくなってしまいました。

その代わりの方法を紹介します。
作成したプレゼンテーションを開き、標準モードで[アウトライン]タブをクリックして[アウトライン]表示にします。
[アウトライン]タブで右クリックして、ショートカットメニューから[折りたたみ]→[すべて折りたたみ]をクリックします。
アウトラインタブ
すべて折りたたむとアウトラインタブは下のようになります。
折りたたみ
目次スライド用のスライドを準備します。
最後のスライドを選択したまま、
[ホーム]タブの[新しいスライド]から、[タイトルとコンテンツ]を選択して、挿入します。
新しいスライドの挿入

スポンサーリンク

一枚目のスライドから、タイトルのついたスライドを選択して、コピーします。
タイトルのコピー
新しく挿入したスライドのプレースホルダを選択して、テキストのみ貼り付けます。
テキストの貼り付け
そして、[ホーム]タブの[段落]グループにある[段落番号]をクリックして、行頭に番号を付けます。
段落番号
タイトルを[目次]にして、1枚目の次の位置へドラッグします。
目次スライドが2枚目のスライドになります。
スライド位置の移動


もし、目次項目が多い場合は、2段組みにすることもできます。
アウトラインから、タイトルをコピーして貼り付けると、左下に自動調整オプションが表示されます。
この自動調整オプションをクリックします。

メニューの中から[スライドを2段組に変更する]を選択します。

目次を2段組みに変更することができます。見やすいですね。

お勧め記事と広告

関連記事

背景を削除した画像を図として保存するには

Office2010から、画像の背景を削除できる機能があります。 背景の削除 この背景を削除した画像を図として保存する方法です。 背景の削除 ...

使用者名の確認

Windows XPでは、スタートメニューの[マイコンピュータ]を右クリックして、 [プロパティ]をクリック。 [システムのプロパティ]の[ ...

アプリケーションパーツ

[作成]タブにある[アプリケーションパーツ]から、テンプレートを選択して作成することができます。 ここでは、[メッセージボックス]をクリック ...

文末脚注や脚注の作成

[脚注]とは、文書内の文字に対して補足や解説をつけたいときに使用します。 [脚注]とは、各ページの最後に表示され、 [文末脚注]とは、文書の ...

タスクバーにアプリケーションを登録

Windows7には、クイック起動バーがありません。 その代わり、タスクバーにアプリケーションを登録することができます。 スタートメニューの ...

-Windows7 & Office2010 PowerPoint2010

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.