Windows7 & Office2010 Excel2010

Print Friendly, PDF & Email

リストの参照範囲の設定

投稿日:2017年1月9日 更新日:

[データの入力規則]の設定で、[元の値]を参照する場合、別シートの範囲も設定できるようになりました。

Excel2007までは、別シートの範囲を参照する場合は、範囲に名前定義をする必要がありました。
名前定義の活用

名前定義の活用

セル範囲に名前を付けると便利な場合があります。 たとえば、Excelの入力規則でリストを設定するときです。 同じシートにリストを作成する場合 ...

続きを見る

データタブの[データの入力規則]をクリックします。
データタブ

[データの入力規則]ダイアログボックスが表示されます。
[入力値の種類]から[リスト]を選択します。
[元の値]のテキスボックスにカーソルを置いて、シートを切り替えます。
Excel2007までは、ここでシートの切り替えができませんでした。
データの入力規則

シート名は自動的に表示されますので、リストにしたい値の範囲を選択します。
[OK]ボタンをクリックします。
データの入力規則 元の値

入力規則を設定することができました。
入力規則の設定

参考入力規則の値の範囲が可変する場合は、可変名前定義を参照してください。

縦横の範囲が可変する名前定義VLOOKUPの参照範囲が可変する場合も参考になると思います。

以下は入力規則関連の記事です。

絞り込みリストの作成

Excelでは入力規則と関数を使って、リストの中から一つ選択すると、次のリストは前のリストに該当する内容の中からしか選択できないようにするこ ...

続きを見る

入力規則のコピーと貼り付け

Excelの入力規則は、便利ですね。ですが、この入力規則はコピー・貼り付けができるということは案外知られていないようです。 データの入力規則 ...

続きを見る

無効データのマークを使って入力規則以外のセルをチェック

[データの入力規則]の中に[無効データのマーク]というのがあります。 これは入力規則に設定した以外の値のセルに赤丸を付けてくれる便利な機能で ...

続きを見る

重複データの入力を禁止するには

Excelで1つの列に重複した値を入力できないように規制する方法を紹介します。Excel2013で解説しますが、他のバージョンも同じ方法で設 ...

続きを見る

行と列の交差するセルの値を求める

Excelで下のようなマトリックス表があって、このマトリックス表の行と列の交差する値を関数を使って自動的に求める方法です。早見表などでも使用 ...

続きを見る

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

あなたへのおすすめ

関連記事

no image
MacとWinの共有設定

MacとWindows7の共有設定でまた、ひっかかってしまいました。 WindowsVistaのときもたしか何かややこしいことをしたようなと ...

ナビゲーションウィンドウ

ナビゲーションウィンドウは、Word2010からの新機能です。なかなか便利だと思います。 ナビゲーションウィンドウの表示 [表示]タブから[ ...

no image
Windows7のエディション

Windows7にも種類があります。 Windows7 Starter(スターター) Windows7 Home Premium(ホームプレ ...

背景の削除

これもすごいです!Office2010からの新機能です。 図を選択して、[書式]タブにある[背景の削除]をクリックすると、背景を透明にするこ ...

ピボットテーブルの月単位、週単位

ピボットテーブルで日付を月単位や週単位にグループ化する方法です。 下のようなピボットテーブルを作成しました。 ピボットテーブルについては、以 ...

-Windows7 & Office2010 Excel2010

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.